MotoGP:ショウエイヘルメット、マルケス兄弟と2024年まで契約更新

 株式会社SHOEI(ショウエイ)は、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているマルク・マルケスとアレックス・マルケスのふたりと2024年まで4年間の契約を更新したことを発表した。

 1959年に設立されたヘルメットメーカーのショウエイは、世界選手権を含む二輪レースに参戦するライダーから一般のユーザーまで使用することができるヘルメットを製造している。

 現在では、MotoGP王者のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が、レーシングフルフェイス、X-シリーズの最上位モデルとなるX-Fourteenを使用してレースを戦っていることで知られている。

 ショウエイとマルケス兄弟は、2010年以来ロードレース世界選手権の3カテゴリーにおいてタイトルを10度獲得。そして今回、両者は2024年まで4年間の契約更新に至り、マルケス兄弟が今後もショウエイのヘルメットを使用してMotoGPを戦うことが決まった。

マルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
マルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

■マルク・マルケス
「ショウエイとの4年の契約更新を発表することができ光栄に思う。ショウエイとは2010年以来長年に渡り、素晴らしい関係を築きながら数々の成功を収めてきた。トップブランドのサポートは重要だ」

「僕がバイクに乗るときの安全性をショウエイは最大限引き上げてくている。僕を変わらず信じ続けてくれるショウエイに感謝するとともに、この先もともに多くの成功を手にして行けるものと確信しているよ」

マルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
マルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

■アレックス・マルケス
「ショウエイとの4年の契約更新を発表することができ大変嬉しく思っている。ショウエイとはこれまで同様、数々の成功に彩られた素晴らしい関係を続けていけるものと信じている」

「最高の技術で最高のヘルメットを生み出すショウエイと歩みをともにできるというのはとても喜ばしいことだ。ショウエイの私に対する信頼に心から感謝するよ」

■株式会社SHOEI 代表取締役社長の石田健一郎氏
「私たちショウエイはこの発表が出来ることをとても興奮しています。向かうところ敵なしの王者マルク、新進気鋭のアレックスと新たに4年間の契約に至ったことは弊社の大きな喜びであり、栄誉でもあります」

「この契約は、世界最高のプレミアムヘルメットメーカーとMotoGPを牽引するトップレーサーたちとの理想的なマッチングであり、ライダーの皆様にショウエイブランドを広く知っていただき、品質への信頼を勝ち取れるものと確信しております。愛すべき素晴らしいマルケス兄弟とショウエイの胸躍るコラボをどうぞご期待下さい!」