IMSA第10戦:2クラスでアキュラ勢が躍進。優勝&ランキング首位浮上で最終戦へ

 2020年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第10戦ラグナ・セカは11月1日、ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカで2時間40分の決勝レース行われ、アキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/エリオ・カストロネベス組)が優勝。ファイナルラップ直前まで首位を走っていた6号車アキュラARX-05は僚友に勝利を譲り2位でフィニッシュした。

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて、大きくカレンダーが変更された今季のウェザーテック・スポーツカー選手権。シーズン終盤を迎え佳境に入っているチャンピオン争いは、トップ5までが18点差にひしめく接戦具合。最終戦を前にしたこの第10戦は、シリーズチャンピオン候補が絞られるラウンドとなった。

 予選・決勝をワンデーで行う変則日程での開催となった今戦では、ファン・パブロ・モントーヤ駆る6号車アキュラARX-05(アキュラ・チーム・ペンスキー)がポールポジションを獲得し、チームメイトの7号車が2番手につけアキュラ勢がフロントロウを独占した。

 正午前にスタートを迎えた決勝でも2台のアキュラARX-05はライバルを寄せ付けないスピードを発揮。とくにモントーヤ、デーン・キャメロンとつないだ6号車は一時、チームメイトを20秒弱引き離す快走を披露する。
 
 しかしチェッカーまで残り25分となったところで、コース上のデブリを回収するためにフルコースコーションが出たため、このギャップはリセットされることに。
 
 レースは残り時間20分から再開。ここでも6号車アキュラが集団の先頭に立ったが、アキュラ・チーム・ペンスキーはランキング2番手につける7号車を前に出すよう指示を出す。その結果、ファイナルラップに入る直前の最終コーナーで6号車と7号車の順位が入れ替えられ、7号車・6号車の順で翌周のチェッカーフラッグを受けた。

 総合3位にはスタートでふたつポジションを落とすも、自力で3番手に浮上したピポ・デラーニ/フェリペ・ナッセ組31号車キャデラックDPi-V.R(ウィレン・エンジニアリング・レーシング)が入り、マツダモータースポーツの55号車と77号車マツダRT24-Pがこれに続くトップ5リザルトとなっている。

マツダモータースポーツの55号車マツダRT24-P
マツダモータースポーツの55号車マツダRT24-P
ポールポジションを獲得したファン・パブロ・モントーヤ(6号車アキュラARX-05)
ポールポジションを獲得したファン・パブロ・モントーヤ(6号車アキュラARX-05)

■GTLMクラスのチャンピオンが事実上決定

 
 ポイントランキングでは今戦の勝利で242ポイントとしたテイラー/カストロネベス組が、ランガー・バン・デル・ザンデ/ライアン・ブリスコー組(10号車キャデラックDPi-V.R)を2点差で逆転して首位に浮上。デラーニが233ポイントでランキング3位につけ、ハリー・ティンクネル/ジョナサン・ボマリート組(55号車マツダ)はランキング4位、225ポイントとなっている。
 
 LMP2クラスは今ラウンド唯一の参戦チームとなったPR1マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソンが優勝を飾った。GTDクラスではマイヤー・シャンク・レーシング(MSR)の86号車アキュラNSX GT3 Evo(マリオ・ファーンバッハー/マット・マクマリー組)がポール・トゥ・ウインを決めた。また、僚友の57号車NSXも96号車BMW M6 GT3(ターナー・モータースポーツ)を挟んでクラス3位に続き、MSRがワン・スリー・フィニッシュを飾っている。
 
 GTLMクラスはポルシェGTチームの912号車ポルシェ911 RSR(アール・バンバー/ローレンス・ファントール組)が予選2番手からスタートし、前半のピットストップ後に首位奪取に成功する。その後、ポールシッターの3号車シボレー・コルベットC8.R(コルベット・レーシング)からプレッシャーを掛けられるも、912号車ポルシェはこの挑戦を跳ね除け今季初勝利を飾った。
 
 ランキング2番手につけている4号車コルベット(コルベット・レーシング)はレースを3番手で終えたものの、事後車検でリヤディフューザーの高さが足りないことが判明したため、ペナルティを受けてクラス最後尾へ降格。この結果、3号車を駆るアントニオ・ガルシア/ジョーダン・テイラー組のタイトル獲得が事実上確定した。また、第10戦のGTLMクラス3位は911号車ポルシェ911 RSRの手に渡っている。
 
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2020年シーズン最終戦セブリング12時間は11月11~14日、フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催される。

3号車シボレー・コルベットC8.Rと6号車アキュラARX-05
3号車シボレー・コルベットC8.Rと6号車アキュラARX-05
スタート直前のGTLM、GTDクラス車両
スタート直前のGTLM、GTDクラス車両
ポルシェGTチームの912号車ポルシェ911 RSR
ポルシェGTチームの912号車ポルシェ911 RSR
GTDクラスで優勝した86号車アキュラNSX GT3 Evoのマリオ・ファーンバッハーとマット・マクマリー
GTDクラスで優勝した86号車アキュラNSX GT3 Evoのマリオ・ファーンバッハーとマット・マクマリー