レクサスRCにブラックのアクセントカラーや本革シートを備えた特別仕様車「Emotional Ash」を設定【新車】

■銀墨本杢をステアリングやパワーウインドゥスイッチベース、インパネのオーナメントに採用

国産車のミドルサイズクーペとして貴重な存在といえるレクサスRC。2020年10月28日、特別仕様車の“Emotional Ash”が設定され、同日から発売されています。

特別仕様車“Emotional Ash”のベース車は、RC350、RC300h、RC300の「F SPORT」で、同グレードはRCに限らず、レクサスのスポーティラインを担う仕様です。

レクサスRC
レクサスRCの特別仕様車“Emotional Ash”

RCの特別仕様車“Emotional Ash”には、黒光輝塗装となるスピンドルグリルをはじめ、アルミホイール、ドアミラー、マフラーカッターに光沢のあるブラックが配されるなど、ベース車からさらにスポーティで精悍な仕立てになっています。

具体的には、スピンドルグリル(特別仕様車専用黒光輝塗装)&フレーム(漆黒メッキ)、三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)、“F SPORT”専用19インチアルミホイール(特別仕様車専用ブラックスパッタリング塗装)、マフラーカッター(特別仕様車専用ブラックメッキ)、ドアミラー(特別仕様車専用ブラック塗装)が用意されています。

レクサスRC
“F SPORT”専用19インチアルミホイール(特別仕様車専用ブラックスパッタリング塗装)を装着

一方のインテリアは、匠の技による自然の素材を生かした、同モデル専用となる銀墨本杢がステアリングホイールやパワーウインドゥスイッチベース、インストルメントパネルのオーナメントに配置されています。

アッシュ材の流麗な木目に高輝度塗装が施され、光を受けると銀墨の独特の輝きの移ろいを出現させるそう。また、太陽光を受けると鮮やかな銀色が出現するなど、自然素材が持つ本物のハイクオリティが自慢です。さらに、シルバーステッチが施されたブラック本革シートや専用メーターオープニング画面が乗員を出迎えてくれます。

レクサスRC
“F SPORT”専用本革スポーツシートを用意

インテリアの装備は、“F SPORT”専用本革スポーツシート(特別仕様車専用シルバーステッチ)、“F SPORT”専用8インチTFT液晶式メーター(特別仕様車専用オープニング)、特別仕様車専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)+“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)、オーナメントパネル(インストルメントパネル)特別仕様車専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)、オーナメントパネル(パワーウィンドウスイッチベース部)特別仕様車専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)。

レクサスRC
銀墨本杢のステアリングホイール

価格は、3.5L V型6気筒を積むRC350 特別仕様車“Emotional Ash”が747万7000円。2.5L 直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド、RC300h 特別仕様車“Emotional Ash”が691万7000円。2.0L 直列4気筒ターボを積む、RC300 特別仕様車“Emotional Ash”が646万9000円です。

(塚田勝弘)