F1第13戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

 2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP予選でポールポジション~5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■ルノーDPワールドF1チーム
ダニエル・リカルド 予選=5番手

ダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ダニエル・リカルド(ルノー)

 今日の結果にとても満足している。セッションが進むにつれて、速さが増していった。正直言って、僕にとって今季ベストの予選ラップだと思う。このコースは素晴らしいね。

 予選で5番手を獲得したことは、決勝のトラックポジションという面でもとても重要だ。僕らのグループは皆ほとんど差がないから、すごいバトルになると思う。強力なスタートを切ることができれば、いいレースができるんじゃないかな。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選=4番手

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 今朝のプラクティスはすごく忙しかった。90分のなかでたくさんのことをこなさなければならなかったんだ。でも最初のラップからマシンにいい感触を持てたし、バランスもとてもよかった。決勝のタイヤデグラデーションの状況を予想するため、ロングランを何回か行った。セッション終盤のソフトタイヤでのランではパフォーマンスをさらに引き出すことができて、競争力はかなり高いと感じたので、ポジティブな気持ちで予選を迎えることができたよ。

 このトラックは素晴らしいね。ここに来る前からそう思っていたけれど、予選モードで燃料が少ない状態で走ると、本当に最高だった。

 予選では何周か強力なラップを走り、F1キャリアベストタイの4番手をつかむことができた。最高の結果だし、それをここイモラで達成できてうれしい。僕らはイタリアでは速いみたいだね!

 でも一番重要なのは決勝だから、明日、しっかり仕事をこなす必要がある。2台のメルセデスと(レッドブル・ホンダの)マックス(・フェルスタッペン)のすぐ後ろという、かなりいい位置からのスタートになる。スタート後もこの位置を保ち、そこから戦っていきたい。タイムシートを見ると、かなり接戦だから、レースが楽しみだよ。

(予選後の会見で語り)僕にとって最高の一日だよ。自己ベストタイの4番手をここイモラで獲得できたのは、特別なことなんだ。今回アイルトン(・セナ)を思ってこのスペシャルヘルメットを用意した。子供のころからセナの大ファンで、彼は僕のアイドルのひとりだった。だからここイモラでこういう結果を出すことは僕にとってとても意味のあることだ。チームのためにも重要なことだよ。チームのファクトリーはここから15kmぐらいのところにあるんだ。

 中団はかなり接戦だ。4番手から10番手までの差が0.3秒か0.4秒ぐらいだからね。だからこそ、スタート後もこの位置を絶対にキープしたい。(ルノーの)ダニエル(・リカルド)や(フェラーリの)シャルル(・ルクレール)をはじめ、彼らとは激しいバトルになるだろう。できるだけ多くのポイントを持ち帰りたい。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=3番手

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 予選終盤がスムーズにいかなかった。Q2で問題が発生したことで、そのセッションでリズムを失ったんだ。通常は予選のなかで、どこでタイムをゲインできるか分かったうえで改善を図っていけるのに、今日はそれができなかった。Q2ではミディアムタイヤでの1周で決めなければならなかったからだ。

 Q3に入った後も、最初のランでは、ソフトタイヤの情報が完璧でなかったため、さらに苦労することになった。いずれにしても今日は3番手が僕らに可能な最大限の結果だったとは思うけどね。メルセデスに勝つことは期待していなかった。ただ、もう少し彼らに近づきたかった。もっとスムーズに予選を戦えていたら、それが可能だったはずだ。

 予選を終えてから、メカニックたちに感謝の気持ちを伝えた。彼らはQ2で素晴らしい仕事をして、僕のマシンを直してコースに復帰させてくれた。彼らは常にベストを尽くしてくれる。不可能な仕事に思えるときもそれは変わらないんだ。僕らチームはそれを誇りに思うべきだ。

 ここはすごくクールなトラックで、走っていて楽しい。今のF1マシンにはコース幅が狭すぎるんじゃないかと思っていたが、問題なかった。明日、いいレースができるといいね。

(予選後の会見で語り)あまりいい予選ではなかった。Q1では2周走っただけでQ2に進み、その後、トラブルが起きたんだ。なんとか通過できたけれど、(ソフトタイヤの)情報が不足した状態でQ3に臨むことになった。それで苦労したんだ。Q3最初のラップでは隊列の中にいたためにタイヤが冷えていて、いいリズムをつかめなかった。

 本来なら「あそこでタイムを削れるから、もう少しプッシュしよう」ということが分かっているんだけどね。Q3最後のラップでは、「予選がもっとスムーズにいっていれば、ここでもっとうまくやれたのに」と思っていた。メルセデスにもっと近づいて、もっとエキサイティングな予選にしたかった。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=2番手

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ポールポジションのバルテリ・ボッタスと2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ポールポジションのバルテリ・ボッタスと2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)

 バルテリは今日の午後、素晴らしい仕事をしたね。僕の予選最後のラップは全く冴えないものだった。でもそういうことが起きることもあるし、常に完璧な走りができるわけではない。

 ここは信じられないほど素晴らしいサーキットだ。歴史のある、昔ながらのコースで、ここを走る時のスピードときたら衝撃的だ。ここに来られたこと、ここで僕らが素晴らしいパフォーマンスを発揮できていることを、本当にありがたく思っている。

 タイヤは先週のポルトガルよりもうまく機能しているが、それでも今日はかなり難しかった。

 コース幅が狭く、最初のシケインの後は抜きどころがほとんどないから、つまらないレースを見ることになるだろう。追う立場の者にとっては厳しいレースになると思うんだ。DRSによって最初のブレーキングゾーンで追い抜きのチャンスを得られるといいけどね。

 午前中のマックス(・フェルスタッペン)のレースシミュレーションはかなり強力だった。決勝で彼は脅威になるだろう。明日は全力を尽くしてどういう結果をつかめるのかを見ていく。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 予選=1番手

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションを獲得
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションを獲得

 ポールポジションを獲得するのは、いつだって簡単ではないけれど、このコースを走るのはすごく楽しい。全開で攻める時は最高の気分になるんだ。最後のラップでは全力で攻めなければならないと分かっていた。

 今日はターン2と3が僕にとって課題だったが、最後になってようやくうまく走れた。最後の数コーナーでも安定性がなくて苦労していたけれど、終盤に攻めなければならないことは分かっていたので、リスクを冒してプッシュしたら、マシンがいい具合に曲がってくれた。それで必要としていた小さなタイムを見つけることができたんだ。そういうときは素晴らしい気分になるよね。あのラップを走った後には震えがきたよ。

 明日は良い戦いになるだろう。ターン1までの距離は今季カレンダーのなかで最長レベルだ。ルイス(・ハミルトン)とマックス(・フェルスタッペン)が僕を追いかけてくるのは間違いない。でもいいスタートポジションを確保できたし、おそらくペースもいい。さあ、ゲームの始まりだ!