ボルボ・カーズの事故調査チーム誕生から50年。365日24時間体制で取り組み築いた安全神話

事故調査のために24時間体制で待機

今年で創立50周年を迎える「ボルボ・カーズ・アクシデント・リサーチ・チーム」の事故現場調査員は、ボルボ・カーズが実際の事故から学び、常にクルマを改善していくため24時間体制で待機している。

ボルボ・カーズの事故調査チームは社内における「刑事」として知られ、テレビで有名な頭文字を少しひねって、スウェーデンの自動車メーカーの「CSIチーム」と呼ばれることもあるという。ボルボ・カーズ・セーフティ・センターの責任者であるマリン・エクホルムは、50周年を迎えて以下のようにコメントした。

「事故調査チームの努力と研究のおかげで、ボルボ・カーズは悲惨な交通事故から何かしらの改善点を学び取ることができると確信しています。事故の各段階で何が起こったかを綿密に分析することで、ボルボ・カーズが生産するクルマを改善するために重要な情報を提供しています」

ボルボ・カーズ・アクシデント・リサーチ・チームの事故調査

スウェーデン・イェーテボリ周辺の事故を調査・記録

ボルボ・カーズ・アクシデント・リサーチ・チームは1970年から活動を開始。スウェーデン・イェーテボリ周辺でボルボが関係する事故が発生すると、昼夜を問わず通報を受けて現場に駆けつける。到着すると調査を開始し、一連の出来事を可能な限り詳細に記録する。

そのためには、事故の関係者に質問をする必要がある。衝撃の強さの程度、アクティブセーフティシステムの介入タイミング、乗員の様子、その他天候や事故発生の時間帯、路面標示の状態などが挙げられる。

作業はオフィスに戻ってからも続く。チームは一般に公開されている警察の報告書を要求し、ドライバーに連絡を取り、可能な場合は事故車両の調査を行う。また、ボルボ・カーズ・セーフティ・センターの行動科学者を交えて、ドライバーがどのように事故を経験したかについての理解を進めていく。

さらにチームは事故に巻き込まれた人々の医療記録を共有。これらのカルテは物理学者と協力してバイオメカニクス(生体力学)の専門家が分析し、怪我の正確な原因を特定していくという。

ボルボ・カーズ・アクシデント・リサーチ・チームの事故調査

コード化された事故データを新型車開発に活用

収集されたすべてのデータと知識はコード化され、個人が特定されないようにされる。この研究から得られた結論はボルボの製品開発チームと共有され、次期型車に採用する新技術の開発と実装に活用。また、このチームは現在解決できない問題を洗い出し、ボルボ・カーズが安全開発の最前線に立ち続けることを可能にしている。

毎年、チームは約30~50件の事故を直接調査しているが、事故は世界中で発生しており、現場に駆けつけることが難しい場合もある。そのような場合には、ボルボのスタッフや現場に近い救急隊のサポートを受けながら可能な範囲で事故の把握に努めているという。

それに加えて、チームは世界各地の公的な事故データベースなど数多くの情報源を利用して必要な措置が取られているかどうかも確認している。

「事故調査チームは、当社の安全専門家にとって唯一の調査データ源ではありませんが、詳細を理解する上で重要な役割を果たしています。事故は今でも起きまていますが、最近では以前に比べて結果はずっと穏やかで、重傷を負うこともめったにありません」と、エクホルムは付け加えている。

ボルボ車の定評ある安全神話は、彼らアクシデント・リサーチ・チームが行う日々の成果を基にして半世紀に渡り培われてきた。そしてこれからも「交通事故ゼロ」達成を究極の目的として、ボルボ・カーズは取り組んでいく。