初のPHV「NX450+」設定か? レクサス・NX次期型を大予想

■目玉は2.5リットル直列4気筒「Dynamic Force Engie」+モーターエンジン

レクサス NX次期型
レクサス NX次期型 予想CG

レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV、「NX」次期型に関する情報を入手、予想CGを制作しました。

初代となる現行NXは2014年に発売、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンの「NX200t」と「2.5リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッド「NX300h」が設定されました。2017年9月には大幅改良を受けており、これが初のフルモデルチェンジとなります。

情報を元に制作した予想CGは、エッジの効いた、直線的でシャープなラインで構成されたデザインが特徴。サイドのF/Rのタイヤハウスの張り出し感も迫力満点で、ヘッドライトは細く、シャープなイメージに合わせたデザインが予想されます。

スピンドルグリルにも、ツノ状のデザインで攻撃的なイメージを持たせ、アンダー部分のチンスポイラーはメッキ処理、それをサイドまで伸ばしたデザインもポイントになりそうです。アーキテクチャにはTNGA「GA-Kプラットフォーム」を採用、ホイールベースが延長され、居住空間が向上するとみられます。

パワートレインは、最高出力300ps程度を発揮する2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが新設定されるほか、2.5リットル直列4気筒「Dynamic Force Engine」+電気モーターのプラグインハイブリッドが設定されると思われます。

レクサス NX
レクサス NX

2020年4月には、「NX450h+」の商標登録が完了していることが判明、「+」はプラグインハイブリッドと予想され、最強グレードの可能性がありそうで「RAV4」に搭載された2.5リットル直列4気筒+ツイン電気モーターを搭載し、最高出力は306psを発揮することになりそうです。

NX次期型のワールドプレミアは、2022年後半と予想されています。

(APOLLO)