名越哲平が初ポール獲得。津田拓也と高橋裕紀がフロントロウ/全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000予選

 10月31日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されている全日本ロードレース第5戦鈴鹿のST1000クラス予選は名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)が制した。

 ここまではランキングトップをひた走る高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)が連続ポールポジションを獲得してきた。しかし、最終戦の予選セッションを終始リードしたのはランキング2位につける名越。4周目に出した2分8秒839でリーダーボードのトップに立ち続ける。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)

 一方、2分9秒台にとどまっていた高橋は、最後の最後で自信のタイムを更新するも、2分9秒223と2分9秒台の壁は破れず。これで名越が今季初ポールポジションを獲得。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:津田拓也(WestPower・S-SPORTS・SUZUKI)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:津田拓也(WestPower・S-SPORTS・SUZUKI)

 2番手は津田拓也(WestPower・S-SPORTS・SUZUKI)。高橋は3番手グリッドから明日の決勝を迎えることになった。