名越哲平「今年最後のレースなので優勝という形で締めくくりたい」/全日本ロード最終戦鈴鹿 ポール会見

 10月31日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されている2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第52回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿のST1000クラス予選を終え、今季初のポールポジションを獲得した名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)が予選を振り返った。

■名越哲平/MuSASHi RT HARC-PRO

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000:名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)

「開幕から高橋裕紀選手がずっとポールポジションをとっていましたが、最近は、自分自身もマシンと走りを調整できていますし、前回のもてぎラウンドは高橋選手と一騎打ちをして勝つことができたので、最終戦くらいは自分がポールポジションをとりたいという気持ちでレースウイークを迎えました」

「木曜日の走り出しから調子もよく、流れもよかったので、無事にポールポジションをとることができてうれしく思います」

「一発タイムは出せましたが、アベレージがまだ定まっていないので、これからデータを見て、しっかりとレースを戦えればなと思っています」

「レースウイークに入ってからの目標タイムは2分8秒前半、うまくいけば7秒に入れたいなと思っていました。いろいろと問題があったり、コンディションが午前と午後とで替わったりで伸び悩みましたが、チームと8秒はマストだと話していたので、ひとつはクリアできたかなと思います」

「ただ、レースに向けて不安要素もあるので、喜んでいるだけではいられないという感じです。今年最後のレースなので、自分とチームが一年やってきたことをしっかりと優勝という形で締めくくりたいです」