中須賀克行「まだ1勝もできていないから勝ちたい気持ちが強い」/全日本ロード最終戦鈴鹿 ポール会見

 10月31日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されている2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第52回MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿のJSB1000クラス予選を終え、今季初のポールポジションを獲得した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が予選を振り返った。

■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

「決勝に向けて予選も使いながらという形で、1本目のタイヤでタイムアタックしにいって、2本目で自己ベストをねらいにいきました。うまく自己ベストを更新することができましたし、決勝に向けてタイヤの選択などもしっかりできたので、決勝でもいいパフォーマンスを発揮できるようにしたいなと思っています」

「(野左根)航汰は緊張していますが、開幕から優勝できていてチームの雰囲気もよく、お互いに切磋琢磨してきたことがこうやって形に表れてよかったなと思います。決勝でもいいバトルをして、おもしろいレースができたらなって思います」

「鈴鹿はだれもが知るサーキットで、ここで速く走るのはステータスだと思うし、鈴鹿で結果を残すことにはこだわっています。自分自身は今年まだ1勝もできていないので、勝ちたい気持ちが強いです。決勝では100%を出し切れるように臨みたいです」