ヤマハの中須賀が今季初ポール獲得。初タイトル目前の野左根は2番手/全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000予選

 10月31日、三重県の鈴鹿サーキットで行われた全日本ロードレース第5戦鈴鹿のJSB1000クラスの予選は中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が制した。

 青空が広がったものの、朝晩は凍えるような寒さになった土曜日。JSB1000クラスの予選は、真っ先に2分4秒台をたたき出した中須賀がリーダーボードのトップに名前を掲げたまま時間が過ぎていく。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

 2分5秒台で2番手につけていたのは清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)。しかし初タイトル獲得を目前にしている野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がセッション中盤までには清成のタイムを上回って2番手浮上。次の瞬間。清成が転倒。これで赤旗が出される。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000 予選:日立オートモティブシステムズシケインで転倒した清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)のマシン
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000 予選:日立オートモティブシステムズシケインで転倒した清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)のマシン

 残り20分ほどで再開された予選。すぐに野左根がペースアップ。2分4秒台をマークするも、中須賀に0.006秒届かない。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000 予選:デグナーカーブで転倒した渡辺一馬(Keihin Honda Dream SI Racing)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000 予選:デグナーカーブで転倒した渡辺一馬(Keihin Honda Dream SI Racing)

 残り10分ほどで今度は5番手につけていた渡辺一馬(Keihin Honda Dream SI Racing)が転倒。2度目の赤旗中断となる。

 残り10分で再びコースイン。残り5分で中須賀が自身のタイムを更新。2分4秒128で今季初ポールポジションを獲得した。

2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING)
2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 JSB1000:渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING)

 野左根は2番手。今大会にスポット参戦している渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING)が3番手フロントロウを獲得した。