F1ドライバーのサラリーキャップにチームが合意。2023年から1チーム上限31億円の案

 F1チームが、2023年からドライバーふたりのサラリーに3000万ドル(約31億3200万円)の上限を導入することで同意したと伝えられている。このような制限が課せられるのは、グランプリレースの歴史始まって以来のことだ。

 この案は今週月曜日に行われたF1コミッションのテレビ会議中に議題として出され、チームは全会一致でドライバーのサラリーに制限を設けることを支持したと、複数のメディアが報じた。

 F1は2021年シーズンから1億4500万ドル(約151億1400万円)の予算制限を導入し、これを徐々に引き下げていき、2023年には1億3500万ドル(約140億9400万円)に設定する予定だ。しかしこの上限額にはチームのドライバー2名のサラリーに充てる金額は含まれていない。

 新たなサラリー額制限は、チームの予算制限とともに、F1活動におけるコスト削減策として機能していくことになる。

 F1で1年10億円以上の報酬を得ているドライバーはほんの一握りだ。ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルドは、F1で最も稼いでいる3人だと考えられている。

 ハミルトンとメルセデスの現在の契約は今年末で完了するが、この契約は年間4500万ドル(約46億9800万円)という非常に高額なものであるといわれる。

 両者は現在交渉を行っており、契約を締結するのは時間の問題だろう。しかし、新たなルールがF1を統治する様々な管轄のもとで承認され有効になる見通しになり、それが交渉に影響する可能性がある。

2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 すでに結ばれている契約、サラリーキャップが承認される前に結ばれた契約については、2023年以降の金額が制限されないといわれている。ハミルトンはそれを念頭に置いて、3年以上の契約を結ぶことを考えるかもしれない。

 一方、サラリー額が制限されたとしても、ボーナスや個人スポンサー契約の形で、ドライバーに金銭が流れることはあり得る。ハミルトンの次の契約期間が何年であったとしても、彼がこれからも高額の収入を得ることは間違いないだろう。