スーパーフォーミュラ・ライツの2021年カレンダー発表。全6ラウンドでSFと併催

 JAF日本自動車連盟は、10月29日付けで2021年全日本レース選手権のカレンダーについての公示を発表した。このなかで全日本スーパーフォーミュラ選手権、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のカレンダーが発表されている。スーパーフォーミュラ・ライツは2020年同様、全6ラウンドで争われることになった。

 2020年からダラーラ320シャシーを使って争われているスーパーフォーミュラ・ライツは、今季から週末の走行時間を増やし6ラウンドで争われるスタイルとなっているが、2021年も同様に6ラウンドがカレンダーに記載された。

 同時にカレンダーが発表されているスーパーフォーミュラは8月に発表されたものと同様全7ラウンドが記されているが、スーパーフォーミュラ・ライツは第1ラウンドの富士から第6ラウンドの岡山までがすべてスーパーフォーミュラと併催となっている。なお、各ラウンドのレース数については今季同様3レース制を主として、今後各主催者と調整が進められる予定だという。

 2020年は外国人ドライバーが来日できない状況が続いているが、2021年はどんな顔ぶれがそろうのか期待したいところだ。

2021年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
カレンダー(10月29日発表)

第1ラウンド 4月2日〜4日  富士スピードウェイ
第2ラウンド 4月23日〜25日 鈴鹿サーキット
第3ラウンド 5月14日〜16日 オートポリス
第4ラウンド 6月18日〜20日 スポーツランドSUGO
第5ラウンド 8月27日〜29日 ツインリンクもてぎ
第6ラウンド 9月24日〜26日 岡山国際サーキット

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦 スタート
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦 スタート