フェラーリ ローマ、「カーデザイン・アワード」のプロダクションカー部門を受賞【動画】

Ferrari Roma

フェラーリ ローマ

官能的で心に訴える最先端のデザインを評価

フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ(Roma)」が、名誉ある「カー・デザイン・アワード(Car Design Award)」のプロダクションカー部門を受賞した。

1984年、自動車デザインの進化に貢献したプロジェクトを対象とする賞として、『Auto&Design』誌がカーデザイン・アワードを設立。1984年から1997年に開催されたあと、2016年に現在の形で復活した。各賞は自動車分野で今年最も優れた製品デザインを生み出したデザインチームの業績を称えて贈られる。

今年のウィナーは『Auto&Design』誌を含む、世界各国の主要メディアから選ばれた12名のジャーナリストが選出。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、2020年の授賞式は10月28日に、カー・デザイン・アワードのYouTube公式チャンネルにおいてリモートで行われた。

審査員はプロダクションカー部門におけるフェラーリ ローマの受賞理由を「フラヴィオ・マンゾーニ率いるフェラーリのデザインチームは、ローマで驚くべき仕事をやり遂げました。このモデルはグランツーリズモのクラシカルなラインを再解釈し、官能的で心に訴える最先端のデザインとして、21世紀に蘇らせました」と、説明している。

「カーデザイン・アワード」を獲得したフェラーリ ローマ

1950〜60年代のローマのライフスタイルを再解釈

フェラーリの最新2+2クーペであるローマは、高貴で洗練されたタイムレスなデザインと、ユニークなドライビング体験をもたらすパワーと敏捷性が特徴。ローマを特徴づけているイタリアンスタイルは、1950〜60年代のローマで花開いた自由なライフスタイルを現代的に再解釈した。“ローマ”という印象的なモデル名は、ここから採られている。

エクステリアはクリーンで統一感のあるフォルムが特徴。美しく調和したプロポーションや、バランスの取れたピュアで優美なボリューム感は、フェラーリの歴代ミッドフロントエンジン・グランドツーリングカーの伝統が色濃く反映されてる。

この時代を象徴する「250 GT ベルリネッタ ルッソ」などからインスピレーションを得ながらも、現代的なアレンジを施すことで洗練された正統派のスタイリングを実現。また、滑らかなラインによって、すべてのフェラーリに共通するスポーティさも合わせ持っている。