アルファロメオとザウバーが2021年末までF1パートナーシップ契約を延長。イモラでは特別カラーで走行

 アルファロメオとザウバー・モータースポーツが、F1におけるパートナーシップを2021年末まで延長することを発表した。

 2018年にアルファロメオがザウバーのタイトルスポンサーとなり、チーム名が『アルファロメオ・ザウバーF1チーム』に変更された後、2019年から同チームは『アルファロメオ・レーシング』としてエントリーし、F1で戦っている。イタリア・イモラでのF1第13戦エミリア・ロマーニャGPを前にした10月29日、両者は少なくとも2021年末まで契約を継続することを発表した。

 アルファロメオとザウバーのパートナーシップは、F1のみにとどまらず、ザウバー・エンジニアリングはアルファロメオの新ジュリアGTAとGTAmの設計、開発、製造に関与。現ドライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはこれらのテストドライブを行い、フィードバックを提供している。

 パートナーシップ延長およびアルファロメオの110周年を祝い、エミリア・ロマーニャGPの週末には、アルファロメオC39に特別カラーリングが施され、マシン上部とリヤウイングのエンドプレートがイタリアのトリコロールカラーに彩られる。

イモラで採用されるスペシャルカラーのアルファロメオC39
イモラで採用されるスペシャルカラーのアルファロメオC39