『マツダCX-3』1.5ガソリン車に特別仕様車。こだわりのコーディネートスタイルを提案

2020年10月29日
プレスリリース

マツダ、『CX-3』1.5Lガソリン車に特別仕様車が登場

カジュアルモダンな装いの室内空間と、快適・安全装備を充実

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、『MAZDA CX-3』に、特別仕様車“Urban Dresser(アーバン・ドレッサー)”を追加し、全国のマツダ販売店を通じ販売を開始します。

 CX-3特別仕様車“Urban Dresser”は、自分なりのこだわりを持たれるお客さまに、マツダがご提案する新たなコーディネート・スタイルです。
 
 シートには革のような風合いと手入れのしやすさを両立した、明るいピュアホワイトの人工皮革を採用、シート中央やダッシュボード、ドアトリムには手触りの良いライトブラウンのスエード調人工皮革・グランリュクス*1を使用し、カジュアルモダンな装いの室内空間を演出しています。

 あわせて、お客さまニーズの高い安全装備(マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)*2や、360°ビュー・モニターなど)と、快適装備(スーパーUV&IRカットガラス、シートヒーター、ステアリングヒーター)を標準装備とすることで、お客さまがリラックスできる心地よいカーライフの提供を目指しています。

マツダCX-3特別仕様車“Urban Dresser”(インテリア:内装シート)
マツダCX-3特別仕様車“Urban Dresser”(インテリア:内装シート)

 CX-3は、「コンパクトカーからハイエンドモデルまで安全性能に差をつけない」というマツダの安全思想のもと、経済産業省、国土交通省などが普及啓発を推進する安全運転サポート車のサポカーS・ワイド*3に全機種が該当しており、サポカー補助金*4の対象となっています。

 マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」の実現を目指し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■特別仕様車“Urban Dresser”に関する情報サイト
https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/?car_id=cx-3&grade=15s-urban-dresser

■CX-3特別仕様車“Urban Dresser”のメーカー希望小売価格
2WD:227万1500円(税込)
4WD:250万1700円(税込)

– 上記価格には保険料、税金(消費税を除く)は含まれていません。また、購入時にリサイクル料金9490円が別途必要
– 特別塗装色“ソウルレッドクリスタルメタリック”を選択した場合は、6万6000 円高(税込)
– 特別塗装色“マシーングレープレミアムメタリック”を選択した場合は、5万5000 円高(税込)
– 特別塗装色“スノーフレイクホワイトパールマイカ”を選択した場合は、3万3000 円高(税込)

マツダCX-3特別仕様車“Urban Dresser”(インテリア:コクピット)
マツダCX-3特別仕様車“Urban Dresser”(インテリア:コクピット)

*1 グランリュクス®は、セーレン株式会社の登録商標です。

*2 MRCCは、ミリ波レーダーにより先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールするシステムです。ドライバーがアクセルやブレーキの操作をしなくても、設定した車速内で車間距離を自動で調整・維持し、長距離走行時などのドライバーの負担を軽減します。

*3 サポカーS ワイド:安全運転サポート車のうち、特に高齢運転者の交通事故防止や被害軽減に効果が期待される技術を搭載した“セーフティ・サポートカーS”(サポカーS)の1つの区分。

*4 サポカー補助金:経済産業省による満65歳以上の高齢運転者を対象とした“安全運転サポート車普及促進事業費補助金”及び国土交通省による満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者を対象とした“安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金”の総称です。補助金の対象期間、その他詳細な情報につきましては、経済産業省、国土交通省および次世代自動車振興センターのホームページをご確認ください。

*5 WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
 市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
 郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
 高速道路モード:高速道路等での走行を想定

*6 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2021年3月31日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。