ERC:アンドレアス・ミケルセンが限定復帰。シュコダ・ファビア・ラリー2エボをドライブへ

 ERCヨーロッパ・ラリー選手権への参戦を表明したトップ・カーズ・ラリーチームは、11月6~8日開催の2020年第4戦『ラリー・ハンガリー』に向け、シリーズ卒業生でWRC世界ラリー選手権でもキャリア通算3勝を挙げているアンドレアス・ミケルセンの起用を発表。ミケルセンはピレリタイヤを装着した『シュコダ・ファビア・ラリー2エボ』をドライブし、ターマック戦で久々のシリーズ復帰を果たすこととなった。

 トップ・カーズ・ラリーチームの地元戦となるラリー・ハンガリーは、2019年に最終ステージでタイトル決定となった劇的決着の舞台。ハンガリー北東部ニーレジュハーザ近郊のターマック・ロードは、高速でナローなセクションにコースサイドの泥が混じる難しいステージ群で知られている。

 そのイベントで久々のERC復帰が決まったミケルセンは、すでに今月初旬にベルギーでシュコダ・モータースポーツのサポートにより2日間のターマック・テストを終え、プジョー208R2を含む3台体制を敷くチームの1台を託されることが決まった。

 最終的にはERCに統合される形となったIRCインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジで2011年、2012年と連続タイトルを獲得したノルウェー出身のミケルセンは、当時はIRC併催だったERCの複数ラウンドに参戦。同世代のティエリー・ヌービルらと凌ぎを削った。

 2013年にはWRCに新規参戦するフォルクスワーゲンのファクトリー・プログラムに大抜擢され、セバスチャン・オジェやヤリ-マティ・ラトバラとともにポロR WRCのステアリングを握って、2014年からは3年連続ランキング3位を獲得。2017年には古巣のシュコダに復帰しWRC2を戦い2勝を挙げると、翌年にはヒュンダイ・モータースポーツに加入し、ヌービルとはチームメイトとして再会を果たした。

アンドレアス・ミケルセンがドライブする『シュコダ・ファビアRally2 Evo』のレンダリングイメージも公開された
直近はピレリタイヤの開発ドライバーとしてシトロエンC3WRCでプログラムを続けていたアンドレアス・ミケルセン

■ミケルセンの速さは「疑いようもない」とチームマネージャー

「ラリー・ハンガリーでの勝利を目指し、こうしてトップ・カーズ・ラリーチームと協力できることを楽しみにしているんだ。ふたたびERCに参戦するのが待ちきれない気分だし、オラ(・フローネ/コドライバー)やチームと一緒にハンガリーのステージを満喫したい。みんなとニーレジュハーザで会えるのを楽しみにしているよ」と意気込みを語ったミケルセン。

 現在31歳の元シュコダ・ファクトリードライバーを起用したチームマネージャーのマレク・フックスは「アンドレアスの持つ多くの経験と技術的知識は、我々のチームに多くをもたらしてくれるだろう」と、その走りに期待を込めた。

「私たちは昨年、同じくシュコダの契約ドライバーだったカッレ・ロバンペラをハンガリー国内のシルベステル・ラリーに起用した。このような困難な時期ではあるが、今度は地元ハンガリーのすべてのラリーファンに、別のスターの華麗な技を楽しんでほしいと思ったんだ」と続けるフックス。

「彼の速さは疑いようもないし、元フォルクスワーゲンのファクトリードライバーがラインアップに加わってくれたことを光栄に思う。地元のERCイベントが大成功するよう願っている」

 同じくチーム代表のゲルゲイ・トップも「ERCラリー・ハンガリーへの挑戦は、2021年のERCフル参戦に向けた序章となる」と語り、ミケルセン起用はその意欲の表れだとした。

「この困難な季節に、我々は物事をつねに前向きに考えようとしている。今もERCの2021年シーズンに戻る計画を段階的に続けているんだ」とトップ代表。

 ミケルセンの車両はシュコダ・モータースポーツのファクトリーから直接イベント開催地に運ばれる形となり、彼らの本格的テクニカルサポートのもとラリーを戦う予定だ。

IRCインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジで2011年、2012年とシュコダ・ファビアS2000で連続タイトルを獲得した
「オラ(・フローネ/コドライバー)やチームと一緒にハンガリーのステージを満喫したい」と抱負を語ったミケルセン