F1、史上最多23戦から成る2021年暫定カレンダーをチーム側に提示。日本GPは3連戦の一部として開催か

 2020年第12戦ポルトガルGP後の会議において、2021年シーズンの暫定カレンダーがチームに対して提示されたことが分かった。今季のオリジナルカレンダーに含まれていた22戦にサウジアラビアを加えた史上最多23戦を開催するプランとなっている。

 10月26日にFIA、F1、各F1チームの代表者による会議がリモートで行われ、エンジン規則、予算制限などを含むさまざまな議題について議論がなされた。この際に2021年のカレンダー案が提示され、それはサウジアラビアでの初グランプリが含まれた23戦から成るものだったといわれている。

 今月半ばにリークされたカレンダー案は、バーレーンGPで開幕する22戦のものだったが、今回チームに提示された暫定カレンダーはいくつかの修正が加えられたものになっている。

 冬季テストは3日のみ、バーレーンで開催される可能性が高いと言われる。その後、開幕戦は例年どおりオーストラリア(3月21日)が務める予定が組まれている。

 1週間後の第2戦はバーレーン(3月28日)、第3戦は中国(4月11日)。その2週間後に初のベトナムGP(4月25日)を開催した後、ヨーロッパラウンドはスペイン(5月9日)でスタート。2週間おいてモナコGP(5月23日)が行われる。

F1ベトナムGPの舞台ハノイ・サーキット
F1ベトナムGPの舞台ハノイ・サーキット

 6月にはアゼルバイジャンGPとカナダGPが開催。フランス、オーストリア、イギリス、ハンガリーの後、サマーブレイクを迎える。

 日付は確認されていないものの、シーズン後半にはふたつの3連戦が組み込まれており、オランダ/ベルギー/イタリア、シンガポール/ロシア/日本がそれぞれ3週連続開催となるプランだ。今季コロナ禍での変更後のカレンダーで3連戦が連続して開催されたが、チーム側は同様のスケジュールを来季以降に行うことには反対の意向を示していた。

 オランダは今年5月に組まれていたものの来年のスケジュールでは9月に移動された。2021年最終戦は12月のアブダビとなっており、その前にストリートコースでのサウジアラビアGPが開催される見通しだ。

 ブラジルGPの会場リオデジャネイロの新サーキットは建設が遅れ、環境保護団体からの反対も受けており、カレンダーには含まれているものの、実施できるかどうかは不明だ。アメリカでの2戦目マイアミグランプリは延期されたようだ。

 来年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの状況がどうなっているのかは予想はできない。23戦のなかで開催不可能なグランプリが出てきた場合には、今季のようにそのレースを外して代替地で開催することをF1側は考えている。現時点ではできる限り観客を入れて開催する意向だが、状況に応じて対応していくことになる。