ヤマハ、新技術の軽量ホイールを初採用しフルモデルチェンジした『MT-09 ABS』を公開。日本は2021年春以降に発売

 ヤマハは、水冷4ストロークDOHC3気筒4バルブ890ccエンジンを搭載した大型のロードスポーツバイク『MT-09 ABS』をフルモデルチェンジし、欧州向けに発売することを発表した。日本では2021年春以降の発売が予定されている。

 『MT-09 ABS』は、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想(クロスプレーン・コンセプト)に基づき開発したバイクであり、エンジン・車体ともに刷新することで大幅に進化させながら、随所に軽量化技術を織り込み、従来モデル比で約4kg軽量に仕上がげられた。

 そんな新型の『MT-09 ABS』は、新たな特徴として、以下の6つの項目が上げられる。

(1)トルクフルな新890ccエンジン:新開発の890cc・水冷・4ストローク・DOHC・3気筒・4バルブ・ダウンドラフト吸気・FIエンジンを搭載。燃料供給系も一新し、燃費の従来比9%改善。

(2)軽量CFアルミダイキャスト製の新フレーム:最新のCFアルミダイキャスト技術により、最低肉厚1.7mmを実現した軽量アルミ製フレームを採用。

軽量CFアルミダイキャスト製の新フレーム
軽量CFアルミダイキャスト製の新フレーム

(3)初採用となる独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)技術による軽量アルミホイール:従来モデルより前後で約700g軽くなり、さらにリアの慣性モーメントが11%低減、アジャイルな運動性能に貢献。

SPINFORGED WHEEL技術による軽量アルミホイール

(4)トルク感と加速感を表現したサウンドデザイン:排気・吸気を独自に設計・チューニングし、トルク感・加速感を演出。

1.5段膨張、左右出しテールパイプのサイレンサー
1.5段膨張、左右出しテールパイプのサイレンサー

(5)新IMUを活用した運転操作を支援する各種制御:2015年モデル以降の「YZF-R1」で実績のある「IMU(Inertial Measurement Unit)」の基本性能を維持しつつ、センサー構成を見直すことで50%の小型化、40%の軽量化を実現。

(6)感覚を刺激する新ボディデザイン:エアインテークと、そこに風を導くフロントウィングのスタイリングに空気の”流れ”や音の”波”などサウンドを想起させるテーマを採用。またヘッドランプやサイレンサーなど各パーツをエンジンの中心に凝縮させて力強いトルク感を表現している。

LEDのポジションランプ
LEDのポジションランプ

 カラーリングは、マットダークグレーメタリック、パステルダークグレー、ディープパープリッシュブルーメタリックの3つが発表されている。また、国内での価格は未発表である。

ヤマハMT-09 ABS マットダークグレーメタリック
ヤマハMT-09 ABS:マットダークグレーメタリック

ヤマハMT-09 ABS マットダークグレーメタリック
ヤマハMT-09 ABS:マットダークグレーメタリック

ヤマハMT-09 ABS:パステルダークグレー
ヤマハMT-09 ABS:パステルダークグレー

ヤマハMT-09 ABS:ディープパープリッシュブルーメタリック
ヤマハMT-09 ABS:ディープパープリッシュブルーメタリック

ヤマハMT-09 ABS:ディープパープリッシュブルーメタリック
ヤマハMT-09 ABS:ディープパープリッシュブルーメタリック