北陸自動車道・南条SA(下り)は土と人工芝の2つの異なる地面を楽しく走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

■ドッグランの隣にはベンチがあり、ワンちゃんと一緒に食事も取れる

2匹のワンコと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!今回は北陸自動車道、南条(なんじょう)SA(下り)です。

ドッグラン02
南条SAは上下線ともに和風の建物となっている。

南条SA下りは、福井県南条郡南越前町に位置する北陸自動車道にあるサービスエリアです。スマートインターチェンジも併設しており、上下線とも2009年3月に北陸自動車道初のオープンしたドッグラン施設があります。

東名高速道路の海老名SAでも大人気の「ぽるとがる」のメロンパンを、ここ南条SAでも購入することができます。また、福井県名産の鯖のへしこや、小鯛の笹漬けを使った和食も人気です。

ドッグラン03
ドッグランはショップの向かって右側にあり、出口方向にクルマを停めると便利。

お目当てのドッグランは、ショップやレストランのある建物の右側、SAの出口側に位置します。ドッグランは、全犬用エリアのみで約108㎡と、上り線と同様にこぢんまりとしたフィールドになっています。

ドッグラン04
緑の木々に囲まれた静かな場所にドッグランはある。

ドッグランエリアの中にある水道設備は、ホース付き含めて2つの口があります。ホースを上手に活用すると、ワンちゃんの手足も洗えるようになっています。

ドッグラン05
水道施設はドッグランの中に設置されている。
ドッグラン06
南条SA下りにも地球にやさしいバイオトイレを設置。

わんこ専用のごみ箱も、ドッグランエリア内に設置。排泄物(うんち)をバイオ分解し肥料として再利用できるバイオトイレなので、地球にやさしいトイレです。ただし、ビニール袋は分解できないため、そばに設置されている小さなゴミ箱へ捨てましょう。

ドッグラン07
ドッグランの中央には大きな木が植えられており、クルクルと廻りそう。
ドッグラン08
地面のほとんどが土だが、一部人工芝が引き詰められていた。

土がベースの地面と、ど真ん中に大きな木が1本植えられています。なぜか、奥の一部分のみ人口芝生が敷き詰められています。今後、全面を人工芝にするのかもしれません。1つのドッグラン内に、土と人工芝と両方が楽しめる、珍しいカタチになっているため、ワンちゃんの好みで遊んでもらいましょう。

ドッグラン09
店舗内にワンちゃんは入れないので、テイクアウトすれば、隣接するベンチで一緒に食事も可能だ。

南条SA下りのドッグランのそばには、連なるベンチもあります。ここで、ワンちゃんと一緒に軽食を食べたり、ドライブの疲れを取ったりでき、トイレも近くにあるため、愛犬家にとっては利便性の高いロケーションといえます。

また背景には田園が広がり、ちょっとした旅気分を味わえるかもしれません。

(文:高市 智子/写真:萩原 文博)