マクラーレンF1のノリス、ポルトガルGP後のインタビューにおける発言は「愚かで不注意だった」と謝罪

 マクラーレンのランド・ノリスは、先週末に行われた2020年F1第12戦ポルトガルGP後のインタビューで発したコメントについて、ソーシャルメディアを通して謝罪した。

 ノリスは火曜日にツイッターで自身の行為を改める投稿をしたが、具体的にどのコメントに対しての謝罪かは明確にしなかった。

「僕は謝罪しなければならない。僕が最近メディアやインタビューで発言したことは、愚かで不注意だったし、ある特定の人たちに対して払うべき敬意が足りなかった」

「僕はそんな人間ではない。だから、その人たちや、それを見聞きした人たちに謝罪すべきだと分かっている。すまないことをしたと思う」

 ノリスが告白しているのは、日曜日のレースでランス・ストロール(レーシングポイント)と接触した際のコメントと、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が92勝の史上最多勝記録を達成したことについての発言のことだと思われる。

 ストロールについては、有望に見えたレースを台無しにすることになった接触の後、ノリスは無線で荒々しい言葉を発した。しかしながらノリスは罵詈雑言をぶちまけたことについて、レース後に直ちに謝罪した。

 その後、ノリスはハミルトンの92回目の勝利記録について見解を求められたが、午後の失望から立ち直っていなかったと思われるノリスはそっけない態度をとり、そのせいでハミルトンの功績を軽視しているかのように見えた。

「本当にそういうつもりではなかった。基本的に彼はすべてのレースに勝てるマシンに乗っている。彼はひとりかふたりのドライバーを倒さなければならない。それだけだ。公正にプレーしていて、今もやるべきことをやっている」

 ドライバーがかっとなって一線を超えてしまうことは珍しくない。しかし素直に認めて自身の言葉の責任をとることが、成熟度と知性を適切に示すことになる。