K2 R&D LEON RACING 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

2020 AUTOBACS SUPER GT
Round.6 IN SUZUKA 300km RACE

苦手な鈴鹿でハンデに苦しむも、しぶとく粘って貴重な1ポイント獲得!

公式練習 10/24(土)9:20~
天候:晴れ 路面:ドライ
気温:20℃ 路面温度:28℃

 第4戦・もてぎで優勝、そして前回の富士ではウエイトハンデの上限、100kgに達してなお、3位入賞を果たし、待望のランキングトップにも躍り出たLEON PYRAMID AMG。シリーズ第6戦の舞台は鈴鹿サーキット、引き続きの快進撃が期待された。だが、フルブレーキングを要するセクションの少なさは、マシンそのものの持ち味を封じこんでしまう。
 
 そんな苦戦は覚悟の戦いのなかで、公式練習ではピットストップの時間、回数は必然的に普段より多くなっていた。最初にコースに臨んだのは蒲生尚弥選手で、序盤にまずは2分0秒030をマーク。1時間経過を間近にしたところで赤旗が出され、再開後は菅波冬悟選手が走行する。

 そして、ラスト10分のGT300単独走行において1分59秒641を記録し、25番手で公式練習を終えた。

「やはり鈴鹿では、よけい重さが影響してきますよね。厳しい戦いになるとは思います。考えられることをやりつつ、じわじわ上げていくレースができるよう頑張ります」と黒澤治樹監督。

公式予選 10/24(土)Q1/14:00~ Q2/14:53~
天候:晴れ 路面:ドライ
気温:20℃ 路面温度:28℃

 2組に分けられた予選Q1に、LEON PYRAMID AMGはA組での出走となった。今回も黒澤監督はQ1担当に蒲生選手を起用。わずか10分間の短い計測時間、そして低めの温度下ではアタックのチャンスは1回きりとなるのは明らかだった。

 ここで「ベストは尽くしたつもりです」と蒲生選手。だが、果敢にコースを攻め立てた結果、公式練習より1秒3も短縮を果たす、1分58秒322をマークしたにも関わらず、トップのタイムは1分56秒台。そのため、13番手に留まり、Q1突破ならず。決勝レースには25番手から臨むこととなった。

「つらい戦いになると思っていましたが、予想以上です。ブレーキングの少ない鈴鹿ではメルセデスのいい特性を出しきれない。もちろん、自分たちができる限りのことをしなければなりません。そのなかでもチャンピオンシップを考えたら、1点でも2点でも獲って帰り、一生懸命努力して、ミスなく戦っていきたいと思います」と黒澤監督。

決勝レース 10/25(日)13:00~
天候:晴れ 路面:ドライ
気温:20℃ 路面温度:32℃

 前回に引き続き有観客試合となった決勝レースに、黒澤監督は今回もスタート担当として、菅波冬悟選手を起用。まずはポジションキープからレースを開始したLEON PYRAMID AMGは、2周目のシケインで発生したアクシデントに乗じ、ひとつポジションを上げる。さらに4周目には先行する車両の脱落によって、23番手につけることとなる。
9周目にはペナルティを受けた車両の後退により、22番手に浮上。

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)

 そして16周目、黒澤監督は大英断を下す。ミニマムの周回でLEON PYRAMID AMGをピットに呼び戻し、菅波選手から蒲生選手への交代と併せ、タイヤ交換。ロスを最小限としたことで、それまで前を走っていた車両、数台の前に出ることに成功する。

 さらに、それから5周後にS字でコースアウトしていた車両があったことから、セーフティカー(SC)が導入される。これこそ、まさに願っていたとおりの展開だ。

 SCラン中にはピットに戻れず、またリスタート後にドライバー交代を行なったチームが順位を落とすなか、LEON PYRAMID AMGは8番手にまで順位を上げていた!

 それでもスピードに対しての改善がはかられたわけではない。依然として厳しい状態は続いたが、必死に堪え続けた蒲生選手。40周目と42周目に、背後につかれた車両の先行を許したものの、なんとかポイント圏内に留まり続け、10位でゴールしてポイントを獲得。

 苦しんで、苦しみ抜いた上で得られた1ポイントは、最後に大きな影響を及ぼすはずだ。もちろん、ランキングのトップを死守して、残り2戦に構えることとなった。

■コメント
黒澤治樹 監督

「まさに予想したとおりの展開になったというか、SCが入るとどうにもならなくなってしまうので、ミニマムの周回で早めに入れました。ブリヂストンさんが良いタイヤを持ち込んでくれたので、2本だけ交換し、蒲生選手がきっちり走ってくれたのは、さすがでした」

「本当にこれだけきついレースで『諦めずにポイントを獲ろう』とスタート前にミーティングを行い、みんながそういう気持ちでやってくれたおかげです。チャンピオンシップを戦う上でミスなく戦わなければならないので、何が必要か自問自答して戦いたいと思います」

蒲生尚弥

「今回が1番しんどいレースだと思うので、ここをうまくしのげてよかったです。展開に恵まれました。SCのタイミングで得られた結果なのですが、今回はいい方向に行きました」

「ただ、今後は悪い方向に行ってしまう可能性もあるので、一層気を引き締めて、ラスト2戦のレースを戦いたいと思います」

菅波冬悟

「スピードが飛躍的に上がる対策はないですが、チャンスがこちらに来た時に、取りこぼさないような準備はしっかり行いレースに臨もうという話をしていたことが、そのまま活きたと思います」

「正直、ポイントを獲れるような状況ではなかったと思いますが、そのなかでこの1ポイントというのは大きいと思います。残り2戦、確実にチャンピオンを獲りに行けるよう、しっかりレースをしていきたいと思います」

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)

Official Website:https://www.leon-racing.com/
Facebook:https://www.facebook.com/K2rdleonracing65-2402234869795814/
Instagram:leonracing.official