F1史上最多92勝目を挙げたハミルトンに、ライバルたちから惜しみない称賛「彼なら100勝を上回るだろう」

 メルセデスのルイス・ハミルトンがF1第12戦ポルトガルGPでF1の記録を更新する92勝目を挙げたことを受けて、ライバルたちから惜しみない称賛の声が送られた。

 6度の世界チャンピオンであるハミルトンは、2週間前の第11戦アイフェルGPを制してミハエル・シューマッハーの持つ91勝という金字塔に並んだが、さらにポルトガルGPで圧勝して、ついに前人未踏の世界へと足を踏み入れた。

 興味深いことに、ハミルトンの記録は、アラン・プロスト(51勝)とアイルトン・セナ(41勝)の勝利を足した数字と一致する。ただし1点つけ加えれば、ハミルトンは262レース目に記録を達成したのに対して、プロストとセナは合わせて364レースを必要とした。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ハミルトンが成し遂げた業績の大きさを「途方もない」と表現したうえで、彼ならこれからも数字を伸ばし続けるだろうと語った。

「ルイスはいつも、前進し続けると話している。理想を高く掲げていたいからだ。それに、まあとにかく、僕は相当頑張らなければとてもあそこまではたどり着けないよ」

「すごいことだ。言葉が見つからないよ。途方もない、としか言いようがない。途方もない記録なんだ。92勝だけど、これで終わるとも思わない。彼なら100勝をはるかに上回るだろうね」

「僕も彼から40歳かそれくらいまで続けろとでも言われているみたいだ。良い刺激にもなるね。いやあ、とにかく、素晴らしい」

「彼は7度目の世界タイトルも狙っていると思う。それもまたすごい話だよ」

「みんな、彼がとても速いことは知っている。けれど、彼の本当の強みというのは、常に安定していて、ほとんどミスを犯さないことにある。今回の数字にこれほど早く到達したのも、そこに理由があると思うんだ」

2020年F1第12戦ポルトガルGP 3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第12戦ポルトガルGP 3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)

 バルテリ・ボッタスも、メルセデスのチームメイトには頭が下がる思いだという。

「素晴らしい記録を達成したルイスに、大きな声でおめでとうと言いたい。君はモータースポーツの歴史に名を刻んだんだ、相棒」

「多くの人が、記録更新など不可能だと考えていた。けれどそれ自体間違っていた。ルイスは、いつだって自分ならできると思っていただろうし、これからも前に進み続けるだろう。だから、本当に、彼には脱帽だ。ものすごくリスペクトしている」

2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝2位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝2位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルも、以前は最大のライバル同士だったハミルトンについて、そのずば抜けた記録はこれからも伸び続けるだろうと語った。

「彼は、これまで挙げてきたすべての勝利にふさわしい」

「何よりも数字が物語っているよ。それに、彼が今後100勝に到達するのも間違いない。92勝目になった今回のレースが始まる前、彼に携帯でメールを送ったんだ。そして彼は優勝した。これからも勝ち続けるだろう。彼にはどれほどの称賛を送っても足りないくらいだ」

 3度のF1世界王者であるジャッキー・スチュワートは、以前はF1のレジェンドであるファン・マヌエル・ファンジオやジム・クラークとハミルトンを同次元に並べることが「納得」できないと話していたが、日曜日の勝利を見た後にハミルトンのずば抜けた業績を称えた。

「ミハエルの記録を更新して優れた成果を上げたルイスにお祝いを言いたい」と、スチュワートは『PA』通信社に対して語った。

「ルイスは、カートの時代から、マクラーレンにおけるロン・デニスとの時代を経て、さらに今の素晴らしいメルセデス・ベンツ時代まで、見事なキャリアを積み重ねてきた」

「彼が成し遂げた重要な業績には脱帽だ。そして、今後も続く彼のキャリアにも幸運を祈っている」

「彼はまぎれもなく史上最高のアスリートの1人であり、多くの若者たちを鼓舞する存在だ」