5スポークの最適解〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉天面から奥行きへと次第に厚みを増していく造り|RMP 520F|ホイール カスタム

伝統のカタチと新たな仕掛け

RMP 520F

リ・マスターピースがコンセプトの名の通り、ホイール黄金比である5スポークを手掛けるのはRMPの宿命か。

2020年モデルである520Fは、050F以来となる本格5スポークデザインを採用。

050Fはリムオーバーでボリューム重視デザインだが、520Fはスプリットなデザインで立体感を大事にしたカタチだ。

520Fの特徴的なデザインがレイヤード造形。

天面から奥行きへと、次第に厚みを増していく造りにより、今までになかった斬新な5スポークへと転生させた。

スポークサイドのリブや、ホールまわりの複雑な断面がまさにソレで、天面は細くシャープに、奥では力強い安定感を発揮しているのだ。

さらに、フランジを鋭く切削するショートカービングリップリムや、リムとスポークの立ち上がり部を直角&直線的にレイアウトするなど、フレッシュなデザインワークも新たに投入した。

5スポーク本来の普遍的なカッコ良さを伸ばしながら、新たな魅力もプラスするRMP流ギミックの数々。

5スポークと本気で向き合ったからこそ弾き出された最適解が今ココに。

やはり王道のカタチこそ絶対正義

ホイールデザインの黄金比である星型5スポークは、あらゆるクルマ、スタイルにハマる普遍的魅力を持つ。
そこへ、RMP流の最新アレンジが加われば、その魅力がさらに増すのがよく分かる。
プレミアムな味付けも持たせているので、高級車にもふさわしい風格がある。

奥から天面に向かい細くシャープに仕上げるレイヤード造形を採用。
リブの角度や描くシルエット、ホールまわりの複雑な断面など駆使するのが特徴的だ。
ヘアライン調マット加工のプレートやフランジの切削など高級感と真新しさを打ち出すギミックも投入している。

SIZE  H-PCD  PRICE
17×7.0J  5-114.3  3 万9000円
18×7.0J / 8.0J  5-114.3  4 万3500円~4 万5500 円
19×7.5J~8.0J  5-114.3  4 万9000円~5 万円
20×8.5J  5-114.3  6 万円
COLOR ハイパーメタルコート/ポリッシュ、セミグロスブラック/リムポリッシュ
CONSTRUCTION 鋳造1ピース[FLOWFORMING]

DEMO CAR

Netz TOYOTA KOBE
WHEEL SIZE 20×8.5J+38
TIRE SIZE 245/40[YOKOHAMA]
WHEEL COLOR SEMIGLOSS BLACK/RIM POLISH

問:マルカサービス  052-398-3406
https://www.marukaservice.com

スタイルRV Vol.146 トヨタ アルファード & ヴェルファイア No.14 2020年6月27日発売号 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]