北陸自動車道・南条SA(上り)は日本庭園のような風情漂う施設が特徴【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

■ドッグランに隣接したコーヒーショップのテラス席もワンちゃん連れで利用可能

2匹のワンコと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!今回は北陸自動車道、南条(なんじょう)SA(上り)です。

ドッグラン02
和のテイストが強調されたショップ。

南条SA上りは、福井県南条郡南越前町に位置する北陸自動車道にあるサービスエリアです。スマートインターチェンジも併設しており、上下線とも2009年3月にオープンした北陸自動車道初のドッグラン施設があります。

ドッグラン03
ドッグランはショップの向かって左側にあるので、入口側に停めたほうが便利。

米原方面に向かう上り線では、北陸3県最後のサービスエリアでもあるため、ショップでは北陸の各地お土産をはじめ、福井の伝統工芸品も豊富。日本海の海でとれた塩を使ったスープが自慢の「絶品塩スープの中華そば越前塩中華」も人気となっています。

ドッグラン04
コンパクトにまとまっているドッグラン。

お目当てのドッグランは、ショップやレストランのある建物の左側、SAの入口側に位置します。ドッグランの広さは全犬用エリアのみで、約113㎡とコンパクト。全面芝生で木が植えられ、大きな石がまるで日本庭園の枯山水のように埋められています。

水道設備は、ドッグランエリアの外にあり、シャワーなどはついていないタイプ。鎖で繋がれているお皿もあり、水を汲んで飲ませたりすることができます。

ドッグラン05
水道の施設はドッグランの外側に設置されている。
ドッグラン06
地球に優しいバイオトイレを設置。

ワンコ専用のごみ箱は、ドッグランエリア内に設置。排泄物(うんち)をバイオ分解し肥料として再利用できるバイオトイレなので、地球にやさしいトイレです。ただし、ビニール袋は分解できないため、そばに設置されている小さなゴミ箱へ捨てましょう!

ドッグラン07
取材時にはベンチは撤去されており、人が休憩するスペースはない。
ドッグラン08
天然芝と草によって緑の絨毯となっている。

以前はベンチも設置されていたようですが撤去され(2020年7月の取材時)、代わりに日除け屋根が建っています。地面は、青々とした天然芝と小さな雑草が所々に生えています。

ドッグラン09
大きな石が設置され、日本庭園のような雰囲気が漂う。

大きな石は、天然のアジリティとして遊ぶワンちゃんもいるかも!? 狭いフォールドですが、石があるとなんだか風流を感じてしまう効果も。

南条SA上りのドッグランは、やや小さめのフィールドですが、スターバックスコーヒーの真横に設置されているため、スターバックスのテラスを利用するのもおススメ。リードフックが付いている席もあるため、まるでドッグカフェのようにコーヒーを飲んで休憩しながら、ドッグランでリフレッシュしましょう。

(文:高市 智子/写真:萩原 文博)