GM、大規模投資を継続。スプリングヒル工場へ20億ドルをつぎ込み新型EVなどの生産拠点へ転換

Cadillac LYRIQ

キャデラック リリック

スプリングヒル工場をEVの生産拠点に転換

ゼネラルモーターズ(GM)は、テネシー州スプリングヒル組立工場を電気自動車(EV)の生産拠点へ転換すると発表した。ミシガン州デトロイト・ハムトラミックの「ファクトリー・ゼロ(Factory ZERO)」、オリオンタウンシップにあるオリオン組立工場に続く、GMにとっては3番目のEV生産工場となる。

また、将来のクロスオーバーモデルやフルサイズピックアップトラックの生産に向けて、ランシングのデルタ・タウンシップ組立工場やフリント組立工場など、ミシガン州内の5つの工場への投資も正式に表明した。

スプリングヒルで製造される最初のEVは新型「キャデラック リリック」で、続いて「キャデラック XT6」と「キャデラック XT5」が生産される予定。この工場では、従来のキャデラックの内燃機関車と電気自動車の両方が生産される。

米国内の6施設への総投資額は合計20億ドル以上となり、2009年以降にGMが米国の生産拠点に投資、あるいは投資を表明した総額は290億ドル以上となった。

「キャデラック リリック」が生産されるテネシー州スプリングヒル工場

続々と発表予定のニューモデルに向けた設備投資

今回、ラグジュアリーSUV「キャデラック リリック」を含むフルEVを生産するため、スプリングヒル工場に20億ドルを投資。この投資により、工場内のペイント部門とボディショップが大幅に拡張され、アッセンブリのエリアは新しい工作機械、コンベア、制御機器、工具などの導入によって全体的に刷新される。スプリングヒル工場の改修工事は、直ちに開始されるという。

さらに「GMC アカディア」の次世代モデルの生産はランシングのデルタ・タウンシップ組立工場に移行するため、1億ドルを超える投資が行われる。米国及びカナダの市場で大きなシェアを獲得しているヘビーデューティーピックアップトラックの「シボレー シルバラード」と「GMC シエラ」を将来的に生産するための投資として、フリント組立工場には3200万ドルが投入される。

フルサイズピックアップトラックや、新型「シボレー タホ」と「サバーバン」、「GMC ユーコン」と「ユーコンXL」、「キャデラック エスカレード」などの主要製品に搭載されているGM製トラック用10速トランスミッションのオートメーション化を強化。生産能力を高めるため、ロムルスのパワートレイン工場に1700万ドルへの投資が決まった。

また、オリオン組立工場には350万ドル、さらにブラウンズタウン・チャーター・タウンシップのGM製造拠点に75万ドルを投資。いずれの投資も、オリオン組立工場における「クルーズ AV」のテスト用車両の追加生産に関連したものとなる。各モデルの発売時期や追加製品の詳細については、後日発表される。

「キャデラック リリック」が生産されるテネシー州スプリングヒル工場

積極的なモデル展開による雇用の創出

GMののメアリー・バーラ会長兼CEOは、今回の大規模な投資発表について「GMは、米国内における従業員や地域社会への投資に全力を注いでいます。これらの投資は今日のGM車の成功と、全車電動化という未来へのビジョンを裏付けるものです」と、コメントした。

GMはこの19ヵ月間、EVの生産設備を導入するために、米国内の3工場に45億ドル以上を投じている。今年1月には「ファクトリー・ゼロ」と名付けられたデトロイト・ハムトラミックの組立工場に22億ドルを投資すると発表した。

「ファクトリー・ゼロ」工場で生産されるさまざまな全電動ピックアップトラックやSUVの中で、最初に生産されるのはピックアップトラック「GMC ハマー EV」で2021年後半に開始。その後すぐに自動運転EV専用モデル「クルーズ オリジン」が生産される予定となっている。

「ファクトリー・ゼロ」が完全に稼働すれば、今回の投資により2200名以上の雇用が創出されることになる。また、GMは新型EVピックアップトラックの発売に関連するサプライヤー設備や、その他のプロジェクトにも8億ドルの追加投資を行う。

2019年3月には、GMはオリオン工場へ3億ドルを投資してシボレーブランドの新型EVを生産。同工場で400名の新規雇用を生み出すと発表した。この新型シボレーEVは、既存の「シボレー ボルトEV」のラインナップに加わるとともに、数々の賞を受賞した現在のボルトEVのアーキテクチャの最新版をベースにデザイン・設計される。

さらにGMとLG 化学は、合弁会社「Ultium Cells LLC」を設立。23億ドル以上を投じてオハイオ州ローズタウンに最先端のバッテリーセル工場を新設した。こちらでも1100名以上の新規雇用を創出する見込みとなっている。工場建設は現在、順調に進んでおり、この新たなバッテリーセル工場が、全車電動化の未来に向けたGMの取り組みにおいて重要な役割を果たすことになる。