『2020 D1GP AUTOPOLIS DRIFT』が今週末開催。ハイスピードバトルを制するのは誰か

 ドリフト競技の最高峰に位置するD1 GRAND PRIX(D1グランプリ)の2020年シーズン第4~5戦『2020 AUTOPOLIS DRIFT』が、大分県のオートポリスで10月31日~11月1日に開催される。

“ドリフトの聖地”エビスサーキットで開催された第2~3戦では、小橋正典(リンロンタイヤドリフト・チームオレンジ)が2連勝を飾り、また、齋藤太吾(ファットファイブレーシング)と川畑真人(チームトーヨータイヤドリフト)のGRスープラ対決などの好カードが多く見られ、観客のみならずYouTube配信の視聴者たちも熱狂を見せた。

 そんな2020年D1グランプリの第4~5戦が、10月31日~11月1日に大分県のオートポリスでデュアル開催される。シーズン折返しとなる今大会は、オートポリスでの開催ということでハイスピードバトルが予想され、迫力あるバトルが展開されることになるだろう。

エビスで2連勝を飾り、今回も優勝が期待される小橋の走りにも注目が集まるが、そのほかにも、第3戦のファイナルまで進出した地元九州出身の末永直登(リンロンタイヤドリフト・チームオレンジ)などの活躍にも期待したいところだ。

 大会当日の会場では観客への入場時の検温のほか、マスクの着用や消毒、客席・観客エリアの限定など、さまざまな新型コロナ感染症対策が実施される。また、今回もYouTube Live(https://www.youtube.com/D1GPMOVIECHANNEL)での中継が予定されており、残念ながら観戦に行くことができないファンはこの配信でD1グランプリを楽しもう。

 現在、観戦チケットも前売り4000円からで発売中となっており、プラス2000円を出すことでコースサイドから間近に選手たちの走りを見ることができる『激感エリア券』や『ピットウォーク券』なども販売している。そのほか、2020D1グランプリ オートポリス大会の詳細については公式ホームページ(https://d1gp.co.jp/category/d1gp/2020gp/20gp_0405/)を確認してほしい。

2019年のD1グランプリ オートポリス大会の様子
2019年のD1グランプリ オートポリス大会の様子