5000通り以上の組み合わせが可能! ベントレーのインテリアオプションがさらに拡大

伝統的な仕上げからモダンな組み合わせまで

ベントレーのカスタマーの平均年齢が下がるなか、提供される選択肢がますます多様化したことで、より嗜好は現代的になってきているという。今回、カスタマーがインテリアを選択する際のオプションが新たに拡充され、ペイントされたウッド、オープンポアウッド、テクニカルフィニッシュ、さらには石材など、実に5000以上もの組み合わせが可能になった。

1921年の最初のベントレーの登場から、高性能グランドツアラーは木製ダッシュボードを装着して販売されてきた。近年では、環境に配慮した持続可能なウッドを使用したベントレーのインテリアは、自動車業界をリードするものとして認められている。

ベントレーにおけるウッド専門職人の技術は、最高級のキャビネットメーカーの技術と変わらない。数十分の1mm単位の精度でウッドパネルを成形し、研磨することで、キャビンに自然な贅沢さのなかにある複雑さや、美しさをもたらすことになる。

例えばコンチネンタルGTには、7種類の異なるウッドパネルが用意されており、シングルフィニッシュだけでなく、グランドブラックとのペアリングによるデュアルフィニッシュも選ぶことができる。さらに、ビスポーク部門のマリナーが展開する「エクステンディッド・ウッドオプション」では、2種類の木材を組み合わせてデュアルフィニッシュにすることも可能だ。

伝統的なラッカー塗装のウッドパネルとまったく違うものを希望するカスタマーのために、ベントレーは現在、多数のウッドパネルとマリナーパーソナルコミッショニングオプションを用意。ラグジュアリーな選択肢を提供している。

ストーンパネルの「ギャラクシー」

究極のコントラストを生む「ストーンパネル」

最先端技術を駆使するベントレー・マリナーでは、2億年以上前に形成された石を使って厚さわずか0.1mmの非常に軽量なパネルを製作することもできる。これは自然な「オープンポア」仕上げとなり、目で見て感じるだけでなく、石の質感を感じることも可能だ。

粘板岩と石英石は、古代から石工文化が豊かなインドのラジャスタン州とアンドラプラデシュ州の厳選された採石場から持続可能な方法で採取。石材の断面は大きめのものから分割され、特注の樹脂を使って硬化される。最後にクルーのマリナー・コーチビルディングチームによって、形を整え手作業で仕上げられる。

オータムホワイト、カッパー、ギャラクシー、テラレッドと、4種類の石の色があり、様々なインテリアに合わせて選択することが可能。ストーン、ピアノ塗装、オープンポアのどれもが、シングルフィニッシュか、上または下のグロスグランドブラックウッドと組み合わせたデュアルフィニッシュとして装着できる。

ピアノ塗装パネルの「リネン」

ピアノ塗装パネルの磨き上げられたパネル

インストゥルメントパネルに色を加えたいと考えているカスタマーには、ベントレー・マリナーのピアノ塗装パネルがオススメだ。ベントレーの熟練した職人が厳選した同じ品質のパネルを使用し、ラッカー仕上げのウッドを選択した場合と同様に完璧な表面仕上げを実現する。

この際、ラッカー塗装を行う前にパネルを手作業でサンディングし、完璧な仕上がりになるように慎重に塗料がペイントされる。塗装後には最終的に羊毛を使って鏡のような仕上がりになるように磨き上げられる。

ベントレー・マリナーでは、ベントレーの88種類の外装色、または8種類の内装色(ベルーガ、バーントオーク、クリケットボール、カンブリアングリーン、ダムソン、インペリアルブルー、リネン、ポーポイズ)に合わせて、パネルを塗装することが可能だ。

オープンポアウッドの「ダークバーウォールナット」

自然な木目を味わえる「オープンポアウッド」

フルラッカーの光沢を避けたいカスタマーには、保護のためだけに極薄のマットラッカーで仕上げたオープンポアパネルを使用するオプションも用意された。温かみのあるリキッドアンバー、ダークバーウォールナット、タモアッシュは、全てオープンポア仕上げがチョイスされている。

厳選された最高級のストックのみを使用したオープンポアウッドは、わずか3層の極薄ラッカーで塗装されており、その厚さはわずか0.1mm。ラッカーを塗る際には手で塗り重ね、塗り重ねる間にサンディングを行うことで、木材の自然な溝にラッカーが密着。その結果、ワックスのような仕上がりとなり、本物の自然な色と木の質感を完璧に際立たせることになる。

この繊細な技術により、カスタマーは木材の質感を実際に感じることができる。オープンポアウッドの色や木目の違いは、それぞれが微妙に異なることを意味している。

テクニカルフィニッシュの「ダークティントダイヤモンド・ブラッシュド・アルミニウム」

「テクニカルフィニッシュ」のスポーティなコクピット

テクニカルフィニッシュでは、高光沢のカーボンファイバーがウッドパネルの代わりに使用され、現代的かつテクニカルで、スポーティな雰囲気のインテリアを手にすることができる。

光学樹脂加工により、カーボンファイバーの立体感が最大限に強調され、コクピットのドアからドアの周りを流れるようなシームレスな幾何学的な表面を実現した。

新型ベンテイガでは、「ダークティントダイヤモンド・ブラッシュド・アルミニウム」仕上げのトリムが初めてオプションとして用意された。ベントレーのマトリックスグリルのデザインを彷彿とさせるこの仕上げは、アルミニウムを多方向から正確にブラッシングするという複雑な工程を経て製作され、現代的な立体感を実現している。