イタリアの“甘い生活”を表現した優美な限定モデル、「フィアット500/500C ドルチェヴィータ」デビュー

Fiat 500 Dolcevita

フィアット 500 ドルチェヴィータ

ハッチバックとカブリオレを合わせて275台限定販売

FCAジャパンは、「フィアット 500/500C」に、個性的なデザインや上質な装備を採用した限定車「フィアット 500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定。2020年12月12日(土)から、全国のフィアット正規ディーラーにて計275台限定で販売する。

メーカー希望小売価格(税込)は、500 ドルチェヴィータが265万円(限定175台)、500C ドルチェヴィータは289万円(限定100台)となっている。

フィアット 500C ドルチェヴィータ

イタリア映画『甘い生活』へのオマージュ

限定車のモデル名「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」は、イタリア語で「甘い生活」を意味する。フェデリコ・フェリーニ監督の伊映画『La dolce vita(1960年、邦題:甘い生活)』で一躍広まったこの言葉は、大人のアバンチュールを象徴し、快楽主義的な志向を含んでいる。

今回の限定モデル「500/500C ドルチェヴィータ」は、そうした“甘い生活”にインスピレーションを得て、日常を華やかに演出するデザインや上質な装備が採用された。

フィアット 500C ドルチェヴィータ

1960年代のイタリアのビーチをイメージ

そのデザインは、『La dolce vita』時代のイタリアのビーチに着想を得たノスタルジックな雰囲気を再現。エクステリアは、クロームのエンジンフードラインやエクステリアミラーハウジング、ホワイト&シルバー塗装の専用16インチアルミホイール、ボディを取り囲むレッドライン、ボディ同色のサイドモールディングなどにより、優美な佇まいが演出されている。

ボディカラーには人気のボサノヴァホワイトを採用。またオープンモデルの500C ドルチェヴィータには、ビーチパラソルをイメージしたブルーやホワイトを取り入れた専用ストライプソフトトップが組み合わされた。また、リヤゲートには“Dolcevita”ロゴがあしらわれている。

フィアット 500/500C ドルチェヴィータのインテリア

アイボリーを基調とした優美なインテリア

インテリアはアイボリーを基調とし、ナチュラルウッドの専用インストゥルメントパネルや、ポルトローナフラウ社製のレッドパイピング付レザーシート(一部ファブリック)、専用フロアマットなどにより、上質な空間に仕立てられている。

退廃的でありながらロマンチックかつ贅美をつくした世界観により、人々を魅了する「ドルチェヴィータ」。その魅惑的な世界観を演出した限定モデルは、ドライバーのライフスタイルを華麗に演出してくれるだろう。

【車両価格(税込)】

フィアット 500 ドルチェヴィータ:265万円(限定175台)
フィアット 500C ドルチェヴィータ:289万円(限定100台)

【問い合わせ】
CIAO FIAT
TEL 0120-404-053