ライコネン「最初はうまくいった。入賞するにはまだ少し足りない部分がある」:アルファロメオ F1第12戦決勝

 2020年F1第12戦ポルトガルGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは11位、アントニオ・ジョビナッツィは15位でレースを終えた。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=11位
 最初の何周かはすごくうまく行って、いいポジションにつけていたし、どんどん抜いていくことができた。だが、最終的に得るものがなければ、何の意味もない。できるだけのことはやったが、残念ながら(セバスチャン・)ベッテルを最後まで抑えきることはできなかった。

 レースペースは悪くなかった。ただ、あの位置からのスタートでは、順位を上げていくのは簡単なことではない。クルマのフィーリングは良かったけれども、ポイント圏内でフィニッシュするには、まだ少し足りない部分がある。来週も前進を続けたいと思っている。

2020年F1第12戦ポルトガルGP
2020年F1第12戦ポルトガルGP 16番手からスタートし、シャルル・ルクレール(フェラーリ)らを抜き去り6番手までポジションを上げたキミ・ライコネン(アルファロメオ)

アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=15位
 とても長いレースのように感じた。1周目を終えたところで無線が壊れて、なおさら厳しいレースになったんだ。チームとのコミュニケーションが取れず、最後はとにかくチェッカーフラッグを受けるまで走り続けるだけになった。

 難しいレースになった理由のひとつは風だ。強い風のおかげでコーナーごとにクルマの挙動が変わってしまい、なかなかリズムをつかめなかった。

 イモラでは、もっといい週末になることを期待している。ポテンシャルはあると思うし、ここと比べればコースの特性も僕らのクルマに向いているはずだからね。

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2020年F1第12戦ポルトガルGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)