F1第12戦ポルトガルGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)

 2020年F1第12戦ポルトガルGPの決勝レースで5位~優勝のドライバーたちが日曜日を振り返った。5位~優勝のドライバーは、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)だ。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=5位

2020年F1第12戦ポルトガルGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第12戦ポルトガルGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 本当に楽しいレースだった! 激しいバトルをいくつかして、すごく面白かった。ソフトタイヤの感触がとてもよくて、レース序盤からうまく管理して走ることができたんだ。他の人たちが苦しみ出した時にプッシュし、ルノー2台、マクラーレン2台、終盤にはレーシングポイント1台を抜くことができた。

 僕ら中団チームにとっては、トップ3チームのすぐ後ろの5位というのは小さな勝利のようなものだ。だからこの結果にはすごく満足だよ。

 金曜夜にチームメンバーたちが、大変な思いをして僕のためにマシンを組み立て直してくれた。膨大な作業をこなしてくれた彼らのために今日5位を獲得することができて、本当にハッピーだ。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=4位

2020年F1第12戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第12戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 今日はとてもいいレースをしたと思う。進歩を確認できて、チーム全体にとっても僕個人にとっても心強い。これまで懸命にレースペースの改善に取り組んできた。今回は、予選もまずまずだったし、決勝もよかった。ようやくひとつの週末のなかで、予選と決勝両方をうまくやることができたんだ。すごくうれしい。

 ファーストスティントはとても難しかった。ミディアムタイヤでスタートしたため、スタート直後に大量にポジションを失った。でも序盤数周、集中して走り、1周ごとに挽回し、目指す位置に近づいて行った。すごくうまくいったよね。

 1戦1戦チームが進歩しているのはうれしいことだ。自分自身の今季のパフォーマンスについては、今のところうまくやれていると思う。でも、もちろん改善が必要な部分はたくさんあるし、そこに取り組んでいかなければならない。後になってから今年を振り返った時に、ポジティブなシーズンだったと思えるようにしたいんだ。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=3位

2020年F1第12戦ポルトガルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第12戦ポルトガルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得

 全体的に見て3位という結果には満足だよ。予想していた位置だし、全力を尽くした。序盤は小雨が降り、グリップが低くて、最初の数周はタイヤがとても冷えてしまっていた。

 セルジオと軽く接触したが、幸いダメージはなかった。小雨が降り始めたので、マシンをコース上にとどめ、トラブルに巻き込まれないことに集中したよ。理由は僕には分からないが、1周目のマクラーレンにはとてもグリップがあったね。でも雨がやんだ後、彼らを抜いて3番手を取り戻し、そこからは自分のレースに集中した。

 どういうわけか今日はソフトタイヤがうまく機能しなかった。でもミディアムタイヤに交換した後はペースがよくなり、問題なくなった。でもそのころにはメルセデスとのギャップがかなり拡大しており、どうすることもできなかったんだ。それでも今回も表彰台を獲得できたことには満足できる。

 今日のピットストップの実際のタイムは知らないけど、ものすごく速く感じた。僕らのチームのメカニックたちは全F1チームのなかでもベストの仕事をしたと思うから、今夜はビールでお祝いをしてもいいんじゃないかな。

2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

(レース後の会見で語り)メルセデスはハードタイヤを使ったけれど、あのタイヤはあまりよくなかった。ミディアムタイヤがベストだった。だから僕がミディアムタイヤでスタートしたとしても、結局ハードタイヤで時間を大幅に失うことになったので、結果はさほど変わらなかっただろう。つまり僕らは自分たちにふさわしい位置でフィニッシュしたということになる。
(レース序盤について語り)最初の2周は波乱に富んだ展開だったよ。スタート自体はよかったけれど、グリップがなくてターン1で少しワイドになってしまった。ターン3でもワイドになって、セルジオに並ばれた。彼は十分なスペースを残してくれず、自らはじき出されるようなことになった。僕は自分の通常のラインを走っていたんだ。幸いダメージはなかったけれど、勢いを失ってしまった。

 本当に悲惨だったよ。マクラーレン2台が飛ぶように通り過ぎて行ったんだ。彼らはまさに飛んでいるようで、簡単に抜かれてしまった。僕もリスクは冒したくなかった。彼らは通常レースで僕らが戦う相手ではないからね。とはいえ1周目のマクラーレンは信じられなかったよ。

 その後、後ろにキミ(・ライコネン)がいるのに気付いてショックを受けた。「いったい何が起こっているのか?」と思ったんだ。キミは飛ぶように走っていた。ラリーの経験が役立ったのかもね。なんとか彼を抑えきって、その後、状況が落ち着くと僕はリズムを取り戻し、マクラーレン勢を抜くことができたんだ。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=2位

2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝2位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第12戦ポルトガルGP 決勝2位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)

 決勝1周目はとてもうまくいった。小雨が降る難しいコンディションで、ソフトタイヤスタートのマシンが有利になった。それでもトップに立つことができたので、展開に満足していたんだ。でもその後は、正直言ってペースがよくなかった。理由は分からないが、とにかくペースが悪かった。ルイスが後ろから近づいてきた時には、もちろんポジションを守ろうとしたが、やれることは何もなかった。繰り返しになるが、今日になってペースがどこに消えてしまったのか、さっぱり分からない。必死にプッシュしたけれど、それ以上速く走れなかった。

 レース終盤、ファーストスティントをもう少し延ばして最後にソフトタイヤを履いて戦いたいと思ったが、そうしたとしても結果は変わらなかっただろう。僕にとっては厳しい結果だ。でも、チームと協力し合って、ペースがなくなった理由を理解し、次のイモラではもっといいレースをしたいと思っている。

(最後にソフトタイヤを希望したがチームがハードを選んだことについて聞かれ)僕にとってソフトタイヤを履くのが一番いいと思って頼んだ。でも、バイブレーションが出始めていたし、タイヤトラブルのリスクがあるので、ポイントのことを考えると、一番安全なのはハードでいくことだった。基本的に僕にとって一番問題だったのは、ペースがなかったことだ。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=優勝

2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が史上最多92勝を達成
2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が史上最多92勝を達成

 まず最初に言いたいのは、僕が92勝を挙げることができたのは、サーキットに来ているチームとファクトリーで働く人々全員が素晴らしい仕事をしてくれたおかげ、ということだ。彼らは革新し続け、毎年高くなる障壁に立ち向かっている。彼らと働けることは大きな特権であり、僕はすべての瞬間を感謝の気持ちを持って過ごしている。

 メルセデスチーム、ペトロナス、その他のすべてのパートナーが努力し続けているおかげで、信じられないほどの信頼性が達成されている。成功を収めたことで安閑としている者はひとりもいない。全員がひたすら努力し続けているんだ。そういう人々が周囲にいてくれることほど素晴らしいことはない。僕を奮起させてくれるコラボレーションであり、こういうものは他にはあり得ない。

 今日はきつい一日だった。タイヤの温度を適切に保つことがすべてだった。でも、それについてはあらかじめセットアップで備えておくことができた。

 雨が降るのはレースが終わった後だという予報が出ていたが、スタートの時点で小雨がぱらぱら降っていて、ターン7の入口でオーバーステアがでてしまった。次に何が起こるのか全く予想できない状況だったよ。それでペースを大幅に落とした。バルテリに抵抗すべきだったのかもしれないが、「後で抜き返すチャンスがある」と自分に言い聞かせた。幸いそれが可能になったよね。

 F1は身体への負担がとても高いスポーツだ。右ふくらはぎがつってしまい、ひどくならないようにストレートで頻繁にアクセルを緩めなければならなかった。すごく痛かったけど、なんとか乗り越えるしかなかった。1周まるまるアクセルを緩めて走ることはできないからね!

 今の自分は夢のなかでしか考えられなかったところにいる。このチームに加入し、この素晴らしい人たちと手を結ぶことを選んだ時、占いの水晶球を持っていたわけではない。今言えるのは、毎日その日一日ベストを尽くすことを心掛けているということだけだ。僕らは何事も協力して立ち向かい、全員が同じ方向に突き進んでいる。だからこそ、僕らが成し遂げた成功が可能になったんだ。

 今日父がここに来てくれて本当にうれしい。継母のリンダも、(愛犬)ロスコーもここにいる。とても幸せな気分だよ。このことを実感するには少し時間がかかるだろう。フィニッシュラインを越えるまで全力でプッシュしていたから、今もまだレースモードのままなんだ。今の心境を表す言葉が見つからない。