SCB第7戦:復調シボレー勢が連勝。トヨタ・カローラはマティアス・ロッシが初表彰台獲得

 南米大陸最高峰のツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルの2020年第7戦が10月17~18日にヴェロチッタで開催され、土曜日のレース1をフリオ・カンポス(クラウン・レーシング)が、日曜レース2をディエゴ・ヌネス(ブラウ・モータースポーツ)が制し、前半戦は不振の続いていたシボレー・クルーズ勢が今季初の週末完全制覇を達成した。また、2020年からSCBにフル参戦を開始した隣国アルゼンチンのスタードライバー、マティアス・ロッシも日曜に2位を記録し、自身初表彰台を得ている。

 10月初旬に開催されたカスカバルでのダブルヘッダー戦を経て、30分間の決勝2ヒートの通常フォーマット戦となったヴェロチッタ・ラウンドは、開幕から勢いをみせる今季参入TOYOTA GAZOO Racingブラジル(TGRブラジル)の新型『トヨタ・カローラ』に対して、盟主シボレー勢が完全キャッチアップをアピールする展開に。

 予選ではポイントリーダーのセザール・ラモス(イピランガ・レーシング)がトヨタ勢最上位のフロントロウ2番手を確保したものの、最速の座はシボレーのカンポスに譲り、背後の3番手にもガブリエル・カサグランデ(R.R.マティス・モータースポーツ)、アラム・コデア(ブラウ・モータースポーツ)とクルーズ勢が並ぶグリッド順となった。

 同じく3列目にもディエゴ・ヌネス(ブラウ・モータースポーツ)とギリェルメ・サラス(KTFスポーツ)とシボレーが続き、7番手にトヨタ勢のネルソン・ピケJr.(フルタイム・バッサーニ)、8番手にルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ)と、前戦に続きカローラにとっては苦しい展開に。

 30分間で争われるレース1は、ポールシッターのカンポスが終始レースを支配し、2番手発進だったラモスのカローラはポジションダウン。代わってカサグランデ、コデアのクルーズ艦隊が躍進し、終盤はカンポス対カサグランデの一騎討ちに。最終的にわずか0.666秒差決着でこの勝負を制したカンポスが、ポール・トゥ・ウインを達成した。

「僕らのチームにとっては最高の結果になった。ここまで何度も勝利に手が届きそうで、最後の瞬間に獲り逃がすレースが続いていたからね。前戦から明らかにシボレーの速度が上がり、僕がクルーズに今季初ポールをもたらせたのもクールだった。この勝利で貴重な選手権ポイントを得られたのにも安堵している」と、喜びを語ったカンポス。

予選はフロントロウ2番手を獲得したものの、表彰台を逃したセザール・ラモス(Ipiranga Racing)。しかし選手権首位は維持した
シボレー・クルーズ同士のドッグファイトとなったR1は、フリオ・カンポス(Crown Racing)がガブリエル・カサグランデ(R.Mattheis Motorsport)を抑え切る
SCBで5度のタイトルを誇る”帝王”カカ・ブエノ(Crown Racing)を抑えたディエゴ・ヌネス(Blau Motorsport)が、R2リバースポールを手にする

■4度のSTC2000チャンピオンがSCBデビューイヤーで初登壇

 続いてレース1トップ10のリバースグリッドで争われた30分間のレース2は、前戦10位に入っていたヌネスが、レース2を見越した戦略的判断でポジションを守り、そのままシーズン初のトップチェッカーを受けた。

「最初のヒートを戦っている時点で、上位進出よりレース2で勝負権を得る方向に切り替え、レース中に多めの給油を行うリスクを取った。それでも計算上は10番手でトラックに復帰することができ、リバースポールを確保できると思っていたんだ」と、パルクフェルメ規定を最大限活用する戦略を明かしたヌネス。

「でも、それを実現させるためには(レース1で争った)カカ(・ブエノ)をなんとしても11番手に抑えておく必要があった。レースペースは良かったし、ピット作業も完璧で、僕の“FAN PUSH(SNSファン投票で使用上限回数の決まるオーバーテイクボタン)”もうまく管理することができた。コンマ6秒差だったけどこの差は大きかったね」

 一方、その背後では2番グリッド発進の3連覇王者ダニエル・セラ(ユーロファーマRC)に対し、3番手のロッシが喰い下がる展開に。隣国アルゼンチンではスーパーTC2000(STC2000)のトップランナーとして4度のタイトルを経験する男が、今季デビューのSCBでもいよいよその速さを披露。

 5周目にはチャンピオンのクルーズがトラブルに見舞われ、黒煙を吐きながらコースサイドにストップしたことでロッシが労せずして2番手を得ると、トップ10圏外から進出してきた15番手スタートのリカルド・マウリシオ(ユーロファーマRC)や、同じく12番手発進で開幕勝者でもあるリカルド・ゾンタ(RCMモータースポーツ)を振り切り2位フィニッシュ。デビューイヤーで初表彰台を獲得する結果となった。

「双方のシリーズで成功を収める瞬間を待ち望み、今も懸命のサポートを続けてくれているトヨタ・アルゼンティーナとトヨタ・ブラジルに心から感謝を捧げたい。すべての努力の背後には、語り切れないほどの物語があるんだ」と周囲への感謝の言葉を捧げたロッシ。

 この週末を4位、14位で終えたトヨタのラモスが選手権首位を守り、14点差でゾンタが追う展開は変わらず。3番手にマウリシオ、4番手バリチェロ、5番手カミーロのトップ5に変わり、次戦は11月7~8日にクリティバでのダブルヘッダー戦が待ち受ける。

2番グリッド発進の3連覇王者ダニエル・セラ(Eurofarma-RC)は、マシントラブルでレースを落とすことに
スーパーTC2000(STC2000)のトップランナーとして4度のタイトルを経験するマティアス・ロッシ(Full Time Sports)が、待望の2位を獲得した
地元のSTC2000では今季もタイトルを争うロッシは、僚友として迎えたルーベンス・バリチェロの指南役も務める