5代目『ルノー・ルーテシア』登場。新設計プラットフォーム採用で全方位進化

 ヨーロッパ30カ国におけるBセグメントの販売台数で第1位を記録した人気モデル、『ルノー・ルーテシア』が5代目へと進化していよいよ日本へと上陸。デザインはもちろん、プラットフォーム、パワートレインのすべてが刷新され、クラストップレベルの先進運転支援システムを備えるなど全方位で進化を果たし、11月6日から発売開始となる。

 1990年登場の初代から数えて、累計1500万台を販売したBセグメントを代表するモデルがフルモデルチェンジを果たし、そのエクステリア、インテリアの変貌は「進化と革命」と表現されるほど、精緻さと高い質感を備えたクラスを超えるレベルへと昇華された。

 先代モデルと同様に曲線のみで構成された官能的でダイナミックなフォルムを継承しつつ、Cセグメントの兄貴分である『メガーヌ』などと同様に、Cシェイプのデイタイムランニングライトを持つ特徴的なフロントフェイスを採用した。

 その上で、ボンネットには彫刻を思わせる直線的なプレスラインが与えられ、流麗なフォルムに力強い印象が加えられている。また機能面でもフロントバンパー両端に設定されたエアディフレクターがホイールハウスの気流を制御してシールすることでドラッグを低減。燃費向上に寄与するほか、よりワイド&ローのイメージが強調されている。

 一方、人間工学に基づき操作性を追求したインテリアでも、ドライバーやパッセンジャーが手を触れる範囲のほぼ全域で高品質なソフト素材を採用し、クラスを超えた質感を獲得した。さらにエアバッグ内蔵のステアリングパッドを小型化してメーター類の視認性を上げ、コンソールを持ち上げて操作や視線移動にも配慮するなど、細部までミリ単位で知覚品質が見直されている。

 エンジン回転数、速度をデジタルディスプレイで表示する7インチのデジタルパネルに、同じく7インチのマルチメディア用のタッチスクリーンを搭載。運転モードやインテリア照明をカスタマイズできるルノー・マルチセンスや、電動パーキングブレーキに装備されるオートホールド機能など普段の使い勝手を劇的に向上させる機能装備も数多く採用された。

流麗で塊感あるフォルムは継承。サイドウインドウモールはクロームフィニッシャーとして高い質感も追求した
フロントバンパー両端に設定されたエアディフレクターがホイールハウスの気流を制御してシールすることでドラッグを低減

■ルノー・ニッサン・三菱のアライアンスの新プラットフォーム“CMF-B”初採用

 音響の面ではラゲッジスペースを損なうことなく、車外からの空気を取り入れることで豊かでパワフルな低音を再生する世界初の技術、Fresh Air Speaker(フレッシュエアー・スピーカー)が搭載されたBoseサウンドシステムや、最先端の水準を誇る安全運転支援システム(ADAS)もほとんどの機能を網羅。装備の違いにより“ゼン(受注生産)”、“インテンス”、“インテンス・テック・パック”の3グレードが設定されている。

 また、注目の車体技術でもルノー・ニッサン・三菱のアライアンスにより新設計されたモジュラープラットフォーム“CMF-B”を初採用。先代プラットフォームより50kgの軽量化を実現しながら、フロントアクスルを中心とした高剛性化により、直進安定性や正確なハンドリングを実現し、ステアリングギヤ比を先代の15.2から14.4へと低めてクイックな応答性と的確なフィードバックが狙われた。それに応じてダンパーやスプリングを含めたリヤアクスルの設定も見直すことで、コーナリング時のロール量も抑制している。

 さらに室内空間を広げながらもよりコンパクトなボディになった車両全体の静粛性や、エンジンルームの遮音性、そして万一の場合の安全性やボディ下面を覆うパネルによる空気抵抗の軽減など、全方位で基本性能が高められている。

 その心臓部に搭載される新開発の1.3L直列4気筒直噴ターボは、最高出力131PS/5000rpm、最大トルク240Nm/1600rpmを発生。湿式デュアルクラッチを備えた電子制御のEDCは先代より1段増やされ7段へと多段化され7EDCとなり、パドルシフトを操作することでスポーティな走りを提供。その上で、WLTCモード17.0km/Lという省燃費性能も両立させている。

 おなじみの名称を持つ全6色のボディカラーに対応し、ブラック、ライトグレー、ライトグレー/レッドインサートの3種類のダッシュボードが組み合わされ、価格は236万9000~276万9000円となっている。

ドライバーやパッセンジャーが手を触れる範囲のほぼ全域で高品質なソフト素材を採用し、クラスを超えた質感を獲得
エンジン回転数、速度をデジタルディスプレイで表示する7インチのデジタルパネルを採用する

ルノーコール:0120-676-365
ルノー・ジャポン HP:http://www.renault.jp