シトロエン ベルランゴ、自転車日本縦断のギネス世界記録に貢献

Citroen Berlingo

シトロエン ベルランゴ

安全運転支援機能と優れた燃費・快適性が貢献

グループPSA ジャパンがサポートカーとして「シトロエン ベルランゴ」を貸与した、アマチュアサイクリストの高岡亮寛氏による日本縦断「RX日本縦断ギネスレコードチャレンジ」が、10月20日にギネス世界記録に認定された。

2020年8月5日から11日にかけて挑戦した総走行距離2598.26km、完走時間157時間28分の記録達成に、サポートカーとしてのベルランゴの快適性・積載能力・ツーリング性能が貢献した形だ。

高岡亮寛氏の自転車日本縦断をサポートしたシトロエン ベルランゴ

総走行距離2598.26kmを自転車で走破

今回のベルランゴのサポートカー貸与は、高岡亮寛氏及びサポートチームからの申し出にシトロエンが応える形で実現した。チャレンジは8月5日午前4時に鹿児島県南大隅町の佐多岬(佐多岬公園)をスタートし、北海道稚内市の宗谷岬(宗谷岬公園)まで約2600kmを縦断するコースとなった。

計画では1日400kmを、1日16時間の走行と8時間の休息という計画で進められた。真夏の挑戦となり、走行に必要な大量のエネルギー摂取に身体の消化器官が耐えられないほどの過酷な挑戦となった。期間中は風雨が強く悪天候もあり、一時は記録更新が危ぶまれる瞬間もあったという。

しかし、後半の3日間でペースをリカバリーして宗谷岬に無事ゴール。6日間13時間28分、総走行距離2598.26kmと、それまでのギネス日本縦断記録を30時間あまり上回る記録を達成した。サポートチームはギネスワールドレコーズジャパンに申請し、10月20日に正式に認定され、自転車による日本縦断の世界記録更新が確定した。

岡亮寛氏の自転車日本縦断をサポートしたシトロエン ベルランゴ

サポート機材を満載しながらも良好な燃費を記録

今回の世界記録チャレンジにおいて、サポートカーのベルランゴは総走行距離3217km、燃費は15.1km/L(メーター読み)を記録した。

ベルランゴにはグループPSAによる最新エンジン、最高出力130ps・最大トルク300Nmを発揮する「DV5」1.5リッター直列4気筒クリーンターボディーゼルエンジン(アイドリングストップ付き)を搭載。アイシン・エイ・ダブリュとの共同開発による電子制御8速オートマチックトランスミッション「EAT8」が組み合わせられている。

サポートカーにはロードバイクのスペアパーツにウェア類、補給食、休憩用のイスやマット、スタッフの宿泊手荷物など荷物を満載し、2〜3名乗車というフル積載状態での走行となった。また、走行ルートは一般道であり、登坂やルートの下見を行い(このため高岡氏の走行距離とベルランゴの走行距離が異なっている)、サポートのための先行、待機時のアイドリングなど、燃費には決して良い条件とはいえなかったという。

このような悪条件にもかかわらず記録した15.1km/Lという数字は、燃料費の安いディーゼルエンジンということも相まって、ベルランゴを実際に所有し日々の生活のなかで運用する際にオーナーの負担が少ないことの証明となるはずだ。

岡亮寛氏の自転車日本縦断をサポートしたシトロエン ベルランゴ

燃費の良さと抜群の搭載能力を絶賛

サポートカーとして接し続けた高岡亮寛氏は、ベルランゴについて以下のようにコメントした。

「サポートカーのベルランゴは、適度な大きさで荷室スペースは十分にあり、燃費も非常に良くて、言うことなしの性能でした。また個性的な見た目で遠目にもすぐに分かるのも良かったです。今回の挑戦ほど周りの皆様に支えられて走らせてもらっていると強く感じたことはありませんでした」

「距離といい時間といい過酷さといい、ひとりのチカラではどうにもならない挑戦でした。チームワークで作る記録という意識が強く働いたのが、最後まで集中力を保てた原動力でした。本当にサポートしていただいた皆様に感謝しております」

また、ディレクション・サポートを行なった山本健一氏は次のように付け加えている。

「ベルランゴの燃費の良さは特筆すべきものがありました。満タンなら900km近い走行が可能と思われました。道中の給油などは2600km走っても4回で済みました。これは今回のチャレンジにおいては、給油場所がないような僻地を通過することも多く、心強く感じました」

「収納においても8日間フルサポートの機材を十分に積載できる空間を有していました。ファミリーで使用するなら十分以上といえるでしょう。月並みな表現ですが『フランスのエスプリあるクルマ』というのはこういうことなのだろうと思いました」