ボルボ V60シリーズに48VハイブリッドとPHEVを導入、ラインナップのフル電動化が完了

VOLVO V60

ボルボ V60

プラグインハイブリッドモデルも日本初導入

ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアム・ミッドサイズステーションワゴンV60の装備を一部変更し、パワートレインに48Vハイブリッドを導入することで、全ラインナップの電動化を達成。日本への導入をスタートした。

今回、従来の「T5」パワートレインに代わって新たに48Vハイブリッドモデル「B5」を採用。エントリーパワートレインとしては「B4」が新たに追加された。また、プラグインハイブリッドモデル「Recharge Plug-in hybrid T6」を設定したことで、V60はラインナップ全てが電動化された。

「全車電動化」は、内燃機関のみを搭載した車両がなくなり、全てのモデルがプラグインハイブリッド車、または48Vハイブリッド車になることを意味している。

ボルボ V60のエクステリア

2.0直4に組み合わせられる48Vハイブリッドシステム

48Vハイブリッドパワートレインは、回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助を行うハイブリッドシステム「ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)」を搭載。ISGMはバッテリーモジュールへの充電、エンジンの始動、車両出力補助や制動に使用される。

スターターモーターに代わりISGMによるエンジンの始動を行い、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減と、上質感のある走行性能を実現させた。

また、約90%ものパーツが新設計された新世代パワートレイン「Drive-E (ドライブイー)」の第3世代となる、2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。ボルボ独自の設計思想により、優れた効率性と環境性能、コンパクトなデザインを実現しており、新世代ボディ構造とともに高いレベルの衝突安全性能も考慮されている。

シリンダーの表面処理の改良など、エンジン内部のフリクション低減を図るとともに、気筒休止システムを導入したことで、一定条件を満たした状態での2気筒走行が可能となった。これらエンジンの運転効率が向上したことで、大幅な燃費向上を実現している。

ボルボ V60のエクステリア

48.2kmの走行が可能なプラグインハイブリッド

今回から導入がスタートした、「Recharge Plug-in hybrid T6 AWD」は、ボルボの中大型車向けプラットフォーム「SPA」のプラグインハイブリッドモデル。ボルボにおける新しいプロダクトラインとなる「Recharge(リチャージ)」は、「外部充電可能」という意味から、今後導入される電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッドの呼称として使用。電動化を推進するボルボ・カーズを象徴する位置付けとなる。

PHEVシステムは、最高出力186kW(253ps)・最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する「Drive-E」2.0リッター4気筒スーパーチャージャー付き直噴ターボエンジンに加え、240Nmを発揮する電気モーターをリヤに配置。

通常の「Hybridモード」をはじめ電動モーターだけで駆動する「Pureモード」ではEV走行のみによるゼロエミッション走行が可能となり、最大航続距離は48.2kmを実現。また、エンジンとモーター2つのパワーソースを最大限に活用する「Powerモード」を選択することも可能となっている。

ボルボ V60のエクステリア

戦略的な価格設定のラインナップを実現

今回、エントリーレベルのパワートレインを「T5 Momentum」から「B4 Momentum」に変更。併せて仕様装備の変更を行い「キーレスエントリー」「運転席8ウェイパワーシート(運転席ドアミラー連動メモリー機構付)」「パワーテールゲート(ハンズフリー・オープニング/クロージング機構付)」「ドアハンドル(ボディ同色、グラウンドライト付)」を標準装備。B4パワートレイン搭載ながらも、499万円という価格を実現した。

「Recharge Plug-in hybrid」には、戦略的な価格設定を実現した「Inscription Expression」グレードが設定された。プラグインハイブリットモデルのエントリーグレードとして装備レベルを見直し、684万円という求めやすい価格を実現している。

「R-Design」は、洗練さ(Refinement)を意味する“R”をグレード名に用いた専用装備と、スポーツサスペンションによる洗練された走りを企図し、通常モデルと差別化したグレード。グロッシーブラック仕上げのアクセントや18インチ専用アルミホイールをはじめ、「専用オープングリッドテキスタイル」「ファインナッパレザー・コンビネーション・スポーツシート」「本革/シルクメタル・スポーツステアリングホイール」などを装備したモデルとなる。

ボルボ V60のインテリア

車内のエアクオリティを向上させる「CleanZone」

インテリアには、「CleanZone」アドバンスト・エア・クオリティ・システム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付)」が採用された。車内から微粒子状物質を除去することでPM2.5粒子を最大95%車外排出することが可能となり、これにより車内のエアクオリティを最適化して大気汚染や微粒子による健康への悪影響を抑制する。

併せて「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」も標準装備(Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscriptionを除く)。また、オプションの「B&Wプレミアムサウンド・オーディオシステム」がアップグレードされ、音場再現性がさらに向上。新たに「Jazz Club」モードが追加採用されている。

ボルボ V60のエクステリア

ドライバーを事故から守るための仕様変更

また、今回から新たに180km/hの最高速度制限と「ケア・キー」が導入された。

ボルボは、新しいボルボ車の搭乗中における死亡者・重傷者をゼロにする施策をメーカーの責務として実施している。一その方で、技術面だけでは死亡者や重傷者をゼロにできないことを認識しており、ドライバーの行動面にも焦点を当てている。その中で自動車の速度超過が死亡重症事故の大きな原因のひとつであることから、すべてのボルボ車の最高速度を180km/hに制限した。

また、あらかじめクルマの最高速度を任意のより低い速度に制限しておくことができる「ケア・キー」を採用したことで、10代の若者など運転免許を取得したばかりの運転経験の浅いドライバーや、高齢者が運転する際、または他人に貸し出す際などに役立てる。速度制限とケア・キーは、どちらもドライバーのより適切な行動をサポートすることで交通事故による死者、重傷者をゼロにすることを目指した取り組みとなる。

【車両本体価格(税込)】

V60 B4 Momentum:499万円
V60 B5 Inscription:624万円
V60 B5 R-Design:624万円
V60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription Expression:684万円
V60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription:799万円

 
 
【問い合わせ】
ボルボ・カスタマーセンター
TEL 0120-922-622