Hitotsuyama Audi R8 LMSの“4の勝因”。若きふたりにも嬉しい勝利に《第6戦鈴鹿GT300決勝あと読み》

 青空に包まれたスーパーGT第6戦鈴鹿の決勝レーススタート直前のグリッド。Audi Team Hitotsuyamaの一ツ山亮次代表は、別件で話をしていた筆者に「レース後、取材に来てもらえるように良いレースをしますよ」と笑顔をみせた。ふだんはあまりそんな会話はしないのだが、レース後、ふたたび笑顔の一ツ山代表に取材を申し込むことになった。Hitotsuyama Audi R8 LMSは会心のレース運びをみせ、GT300クラスを制し2016年以来の優勝を飾ってみせたのだ。

■予選、作戦、展開、幸運。すべてが味方に

 長年スーパーGTに参戦を続けるAudi Team Hitotsuyamaは、アウディR8 LMSを走らせトップチームのひとつとして戦ってきた。しかし「ここ2〜3年のスーパーGTは、どのチームが勝ってもおかしくないくらいの体制ですからね。なかなか勝てず、心が折れかけたときもありました」と一ツ山代表が言うとおり、近年は勝てる体制を整えながらも、激戦のGT300では、なかなか栄冠には届かなかった。

 今季チームは、メンテナンスを名門チームルマンに委託し、さらに若き川端伸太朗を招聘。本来はアウディワークスドライバーのクリストファー・ミースを起用し、開幕前のテストでもドライブしていたが、新型コロナウイルスの影響でミースの来日がかなわず、こちらも若き近藤翼を起用した。

 ふたりは毎戦好レースを展開しており、すでに今季は2回の入賞を果たしているが、課題だったのは予選。グリッドがうしろではアクシデントに巻き込まれることも多く、また近年のGT300はグリッドが良くなければレースで大きく順位を上げるのは、よほど展開に恵まれない限りなかなか難しい。

「今年、レースペースはずっと良かったんです。一方で予選での速さが足りなかったので、そこをなんとかしようと公式練習から集中していました。それが功を奏し、6番手に食い込むことができたのが勝因のひとつですね」と一ツ山代表は勝因をまずひとつ挙げた。

 迎えた決勝。スタートドライバーを務めた近藤はポジションを上げていくと、GAINER TANAX GT-Rの後方の4番手につけていく。近藤が履いていたタイヤは前日のQ2で使用したもので、ロングランも可能だった。戦略の幅を広げるべく、なるべく近藤のスティントを長く保つ作戦だったが、GAINER TANAX GT-Rはなかなか抜けず、引っかかる状態になってしまった。

 このときトップはSUBARU BRZ R&D SPORTで、2番手にはADVICS muta 86MCがつけていたが、このままでは上位2台とはギャップが開いてしまう。そこでチームは急遽作戦を変更し、19周を終え近藤をピットへ呼び戻した。その直後、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rとの接触で埼玉トヨペットGB GR Supra GTがS字でクラッシュし、セーフティカーが導入される。このタイミングこそが“二つ目の勝因”だ。

 レースはGT500が27周目に入ったときにリスタートを迎えるが、直後、ステアリングを受け継いだ川端伸太朗がヨコハマの温まりの良さを活かし、ADVICS muta 86MCをオーバーテイクしてみせた。ここでADVICS muta 86MCに抑えられていたら、優勝はなかった可能性が高い。これが“三つ目の勝因”となる。

 チームにひさびさの優勝をもたらすべく川端はトップを快走することになるが、レース終盤にチームをヒヤリとさせたのが燃料だ。「レース終盤に向けて燃料が足りないんじゃないかという状況になってしまったんです。計算するとやはり足りない。残り10周程度でうしろとマージンもあったので、最後は落としてもらった」と一ツ山代表。

 川端がレース終盤に2番手と接近したのはこれが原因で、さらにはラッキーも加わった。これは映像にも映っていたが、GT500上位陣がHitotsuyama Audi R8 LMSをラップしていったのだ。そのため、GT300の周回が1周減った。「それがなかったら止まってしまったかもしれません」と一ツ山代表。このラッキーこそが、“四つ目の勝因”となった。

 まさにアウディのロゴマーク“フォーリングス”のように、四の勝因が輪を描いたからこその勝利。「うまくいくときはすんなり勝てるんですよね。あきらめなくて良かったと思っています」と一ツ山代表は安堵が入り交じったような笑顔をみせた。

GAINER TANAX GT-Rの後方の4番手につけていくHitotsuyama Audi R8 LMS
GAINER TANAX GT-Rの後方の4番手につけていくHitotsuyama Audi R8 LMS

■ふたりの若手にとっても嬉しい優勝に

 そして、この勝利は川端と近藤にとっては、嬉しいGT300初勝利となった。川端は2017年にGT300にデビューしたが、なかなか上位には届かないままだった。2019年にはGT300のシートを失っていたが、今季Hitotsuyama Audi R8 LMSのシートを得て、いきなり優勝をもたらした。

「本当に嬉しいです。こんなに嬉しいものかというくらいです。初優勝ですしね」と川端。

「今年は調子が良かったのにうまくいかないことも多かったですが、今回はセットアップもうまくいって、すごくクルマが進化していたんです。ピット作業もチームルマンさんは速いですし、こんなにうまくいくものなのか……というくらいですよね(笑)」

「最後は燃料もギリギリで、タイヤもかなり厳しかったです。でも先々週のスーパー耐久SUGO(F・Link Home CIVIC TCRを駆りST-TCRで優勝)でも、燃料をセーブしろ……と言われて勝つことができたので。こんなに流れが良いことも珍しいですね」

 大阪府出身の川端にとって、鈴鹿サーキットはやはり「特別なサーキット」。2017年には中山友貴とドライブしたUPGARAGE BANDOH 86でトップを走りながら、無念のストップを喫していた。

「3年間GT300をやってきましたが、UPGARAGE BANDOH 86に乗っていた2017年の鈴鹿1000kmのときに、ずっとトップを走っていてクルマが壊れてしまったときの悔しかった思い出もあります。それに鈴鹿は地元からもいちばん近いですし、好きなサーキットで特別なんです。そこで優勝できたのが本当に嬉しい」と川端は言う。

 そして、そんな川端の嬉しい初優勝に、TGR TEAM SARDの監督である脇阪寿一から何かひと言はないか? と聞いた。亡き松本恵二さんの薫陶を受けた川端にとって、寿一は師匠だからだ。

「おめでとうございます。よく頑張ったと思いますし、“強いレース”ができたと思います」と寿一は川端に祝福の言葉を寄せた。「眉毛ヘンでしたけど(笑)」と続けたのは、寿一らしいところだろうか。

 また近藤にとっても、嬉しいサクセスストーリーが描かれた。これまでもGT300参戦経験はある近藤だが、今季スーパーGT参戦の予定はなかった。ただ、スーパー耐久のD’station Vantage GT3でも速さをみせており、クリストファー・ミースが来日できない状況になったとき、一ツ山代表が白羽の矢を立てたのが近藤だった。

「本当はスーパーGTに出る予定もなかったんですけどね(笑)。ミース選手が来日できるまでの“繋ぎ”だと思っていたのに、まさか勝てるとは思ってもいませんでした。こういう機会をいただいて本当に感謝しています」とふだんから大人しいタイプの近藤は、まだ自分の優勝が信じられないかのような表情で語った。

「セーフティカーのタイミングがすべてだとは思いますが、クルマも今年いちばん良くて。上位で戦っていたからこそこうしてチャンスが生まれたのだと思います。こうしてチャンスを繋げることができて良かったです」

 屈指のトップドライバーたちがせめぎ合うGT300で、いまだに優勝には届かないドライバーはたくさんいる。そんな中で掴んだ勝利は、TGR 86/BRZ Raceやポルシェカレラカップ・ジャパン等、これまでも多くのレースで好結果を残してきた近藤にとって、きっとプラスに働くはずだ。ぜひ今後もスーパーGTファンならば、近藤翼の名は覚えておいて損はない。

2016年FIA-F4第1戦で勝利し、熱い抱擁をかわす川端伸太朗と脇阪寿一
2016年FIA-F4第1戦で勝利し、熱い抱擁をかわす川端伸太朗と脇阪寿一
表彰台の頂点に立つ川端伸太朗と近藤翼(Hitotsuyama Audi R8 LMS)
表彰台の頂点に立つ川端伸太朗と近藤翼(Hitotsuyama Audi R8 LMS)