GENROQ 12月号発売中! フェラーリの誘惑

Ferrari’s new era

GENROQ 2020年12月号 10月26日発売

Recommend:1

フェラーリ812GTSついに日本上陸!

812GTSとポルトフィーノのリヤカット

フェラーリのフラッグシップである812スーパーファスト。6.5リッターV12、しかも自然吸気という今や希少なパワーユニットを搭載するその存在感は圧倒的だ。その812スーパーファストにリトラクタブルのルーフを備えた812GTSが登場した。官能的なエンジンフィールとサウンドとオープンエアの快感を、同じくオープンボディを持つV84シーターモデル、ポルトフィーノと共に味わってみた。

ポルトフィーノのインテリア

いずれもスイッチひとつで手軽にクローズドとオープンを選択でき、しかもハードルーフなので耐候性も非常に高い。V8ツインターボとV12NAFRが生む走りとキャラクターの違いも含めて、最新フェラーリ・オープンの魅力に迫る。

911ターボSカブリオレの走り

Recommend:2

新型911ターボSの実力を探る!

着々とバリエーションを増やしている新型911(タイプ992)だが、ついに最強バージョンであるターボSが日本に上陸した。3.8リッターのフラット6ツインターボは650ps/800Nmを発揮し、AWD&AWSなどのテクノロジーも駆使して0-100km/h2.8秒で駆け抜ける。

911ターボSのリヤカット

近年の911ターボはサーキットというよりもGT性能を主眼に据えたキャラクターを与えられているが、果たして新型はどうなのか。開放感あふれるカブリオレボディのターボSを箱根と伊豆で走らせた結果、その新たな魅力が浮き彫りとなった。

プレミアムEV3モデル揃い踏み

Recommend:3

それぞれの個性際立つプレミアムEV。

輸入車のプレミアムEVが元気だ。先鞭を付けたジャガーI-PACE、そして満を持して導入されたメルセデス・ベンツ EQC、400kmほどの航続距離を誇り、スポーツ性も高い個性的な電気自動車の世界がそこにはある。そして、今回新たなライバルが日本に上陸した。アウディ e-tronスポーツバックである。

アウディe-tronスポーツバックとジャガーIペイスの激走

3モデルを都内でじっくりと試乗した自動車ジャーナリストの吉田拓生さん曰く「3モデルともにそれぞれのブランドの味付けがなされていますね。個人的にはスポーツカー顔負けの走りを体験できるジャガー I-PACEが好きですが・・・」と語っていた。注目のEV3モデル対決をぜひGENROQ12月号でご堪能ください。

【information】

GENROQ 2020年12月号

発売日:10月26日(月)発売
定価:998円(税込)

PHOTO/平野 陽(Akio HIRANO)、田村 弥(Wataru TAMURA)