K-tunes Racingとダンロップの努力が結実したポールポジション。軸をぶらさない姿勢が好結果に《第6戦GT300予選あと読み》

「今日はQ2に行かせてください!」

 スーパーフォーミュラ・ライツやフォーミュラ・リージョナルで今季多くの勝利を挙げ、ノッているK-tunes RC F GT3の阪口晴南は、スーパーGT第6戦鈴鹿の公式予選を前にチームに懇願した。レクサスRC F GT3は鈴鹿を得意としており、ダンロップタイヤも調子を上げている。公式練習で気になった部分のセット変更がうまくいけば、自らの速さでポールポジションを獲る確信があったからだ。

 チームは阪口をQ2に据えることを決め、大ベテランの新田守男がQ1を担当することになったが、阪口は新田が叩き出した1分56秒459というタイムをモニターで見ると、「めっちゃ速くて驚きました(笑)」と途端にデータロガーを見返した。Q2に志願はしたものの、阪口には逆にプレッシャーがかかりはじめた。Q1を担当した新田はK-tunes RC F GT3のコクピットから下りると、阪口に笑顔で“圧”をかけはじめる。ただ、そこは好調の阪口。見事チームからの笑顔のプレッシャー(?)をはね除け、自身初のポールポジションを決めてみせた。

 今回のK-tunes RC F GT3のポールポジションは、先述のとおり公式練習からのセットアップ変更が功を奏するかたちとなったが、「ここを直せばポールポジションを獲れるはずと自信があったんです」と阪口が言うとおり、チームの総合力が繋がった。そしてセット変更をした状態で見事Q1でトップタイムをマークした新田の実力もさすがというところだろう。

 そして、K-tunes RC F GT3にとっては今季ダンロップタイヤに変更してから初めて目に見える結果に繋げることになった。第4戦もてぎでも速さはみせはじめていたが、2019年にタイトルを争っていたチームにとって、タイヤを変更した序盤戦は苦労が多いシーズンとなっていた。

 この結果に繋げるまで、チームはどんなプロセスを経てきたのだろうか。K-tunes Racingの影山正彦監督は「昨年までは年間で2勝くらいを挙げてきて、今季初めてダンロップさんとシーズンを始めたのですが、基本的にあまりセットアップを変えずに、ある程度のレースができていたので、多少ダンロップさんに“ワガママを言ったこと”が繋がったのではないでしょうか」という。

「僕たちのクルマに、ダンロップタイヤを合わせてもらう方向で進んできたんです。それは、タイヤもクルマもいじってしまうと、どうしても基準がなくなってしまいますよね。悪く言えば、ハマってしまったときに元に戻れないんです」と影山監督。

「もちろん、多少のアジャストはタイヤを選定したなかでエンジニアが行ってきていますが、今回ポールポジションを獲れたのは、ダンロップさんが努力をして、僕たちのクルマに合わせてくれたことと、チームワークがダンロップさんとのジョイントでの初ポールに繋がったのではないでしょうか」

 通常であれば、タイヤ銘柄を変えればセットアップも変わり、時にはドライビングスタイルを変化させることもある。しかし、軸足をぶらさないアプローチをトライしたK-tunes Racingの姿勢は理に適っているとも言える。今季はダンロップ以外はクルマもドライバーも変化していないのだ。

 同じダンロップを履くGAINER TANAX GT-RやSUBARU BRZ R&D SPORTの好調と同様に、第4戦もてぎあたりからダンロップの好調は著しい。チームとダンロップの努力が、レクサスRC F GT3が大得意とする、そしてチームもこれまで良い思い出が多い鈴鹿で結実したポールポジションと言えるだろう。

 もちろん、レースでも独走かと言えば、チームの雰囲気を見るとそういうわけでもなさそう。昨年までのようにはいかないだろう。しかしこの取材の最中もチームの雰囲気は非常に明るく、チームワークという面ではやはりその強さは昨年から変わっていないように感じられた。ライバルたちにとって、“手強い”存在が復調を遂げたのは間違いない。

ポールポジションを獲得した阪口晴南を迎える新田守男と影山正彦監督
ポールポジションを獲得した阪口晴南を迎える新田守男と影山正彦監督