ルクレール「SF1000のアップデートに好感触。予選にかなり期待している」フェラーリ【F1第12戦金曜】

 2020年F1ポルトガルGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=4番手/2=4番手だった。

 ルクレールは、FP1では1分19秒309(ハードタイヤ)、FP2では1分18秒838(ミディアムタイヤ)を記録した。

 フェラーリはルクレール車のパワーユニット(PU/エンジン)に、今シーズン3基目のICE(エンジン)、3基目のターボチャージャーを投入した。これによるペナルティはない。

2020年F1第12戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第12戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール フリー走行1=4番手/2=4番手
 このトラックは本当に素晴らしい。流れを見つけるのに数周かかった。エイペックスが全然見えないんだ。でもリズムに乗れるようになると、最高の気分だった。路面がものすごく滑りやすくて、マシンのリヤがいたる所で滑ってしまうが、だからこそ面白いという部分もあった。

 2回のセッションではグリップレベルはあまり改善されなかったので、エキサイティングなレースになりそうだ。

 今日は主に予選シミュレーションの面でとてもうまくいったと思う。かなり期待できそうだ。ただ、燃料を多く積んだ状態での走行は、通常のタイヤではあまり行わずに(2021年の)プロトタイプタイヤで走ったので、様子を見ていく必要があるだろう。

 前回のレースでは、燃料をたくさん積んだ状態での走行が僕らの弱点だったけれど、今回の日曜日にはちょっとした驚きがあると思うよ。どのあたりまで行けるか見てみよう。

(フェラーリが今回投入したSF1000のアップデートについて聞かれ)今日はとてもいい感じだった。自分たちの位置を正確に予測することはできないが、間違いなく期待できそうだ。