F1ポルトガルGP FP1:初開催のアルガルベでボッタスが首位スタート。フェルスタッペン3番手

 2020年F1第12戦ポルトガルGPの金曜フリー走行1回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは5番手となっている。

 F1初開催となる、アルガルベ・インターナショナル・サーキットでのポルトガルGP。現地時間午前11時からの初日フリー走行1回目は、気温18度、路面温度25度、やや雲が多いものの晴れ、完全ドライ路面というコンディションで始まった。

 現行F1では未知のサーキットということもあって、ピレリはC1〜C3という最も固い、保守的なコンパウンドを持ち込んだ。コースに慣れようと、マクラーレンやアルファロメオが最初から積極的に周回を重ねる。

 しかし固いタイヤの上に路面グリップがないため、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)らが立て続けにコースオフ。フェルスタッペンも上りながらのターン4で、スピンを喫した。数週間前に全面的に再舗装して路面にオイルが浮いている状態も、グリップ低下を助長している。

 今回はハードタイヤが通常より多い3セット供給されたこともあって、最初の40分間は全車がハードタイヤを使用した。逆にソフトは1セット少ない7セットとなり、各チームは使うことに慎重になっている。残り30分を切った時点で、ミディアムタイヤのボッタスが1分19秒491でトップ。0.035秒差で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)。シャルル・ルクレール(フェラーリ)が0.162秒差で3番手につけている。ホンダ勢では、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がハードタイヤで6番手と気を吐いている。

 ところがガスリーは直後に、「マシンに問題発生。すぐにピットに戻れ」と指示が入り、走行を中断した。パワーユニット側の不具合ではなさそうだ。

 最終的にFP1トップは、ボッタス。1分18秒410までタイムを上げた。0.339秒落ちで2番手のハミルトン、3、4、5番手につけたフェルスタッペン、ルクレール、アルボンは、いずれもハードタイヤでの周回に終始した。アルファタウリ・ホンダはガスリーがハードのみで10番手、ダニール・クビアトはミディアムタイヤに履き替えたものの13番手だった。

 チェッカーが振られた直後にエステバン・オコンのルノーマシンが後部から白煙を吐き始め、オコンはスタート練習もせずにピットに直行した。