スーパーGT オンライン・チャリティオークション:日本財団に2664万円を寄付、笹川陽平会長から感謝状

 10月22日、スーパーGTのプロモーターである株式会社GTアソシエイションと株式会社BHオークションは、2020年8月1日〜2日開催の『スーパーGT オンライン・チャリティオークション』の落札額を全額、日本財団に寄付したことに対して同財団の笹川陽平会長から感謝状を贈られたことを発表した。

『スーパーGT オンライン・チャリティオークション』は新型コロナウイルス感染拡大防止対策に従事する医療関係者の支援を目的としたチャリティオークションで、スーパーGTの参戦エントラント、ドライバー、関係各所に向けて「コロナ禍に打ち勝ち、再び走り出そう!」という想いのもと、幅広い出品参加を呼びかけ企画・運営されたもの。

 専用のオークション入札アプリを利用して、ファンが自宅などから気軽に入札参加することができる、オンライン型チャリティオークションとして8月1日〜2日に実施された。

 オークションでは出品総数236点全てが落札され、落札成立額の総額は2720万円に及んだ。このうち、カード決済や銀行振込時の決済手数料を除いた2664万5574円が日本財団に寄付された。

 オークションの模様は8月1日(土)の前夜祭、2日(日)のオークション本番とも、スーパーGT公式YouTubeチャンネルを通してライブ配信された。入札登録参加者以外にも多くのスーパーGTファンに視聴され、延べ11時間に及んだオークション中には、常時3000人を超える視聴者がライブ配信に集まるなど、エンターテイメント性のあるイベントとしても大成功を収めていた。

東京・永田町のBHオークション特設スタジオでのオークション風景
東京・永田町のBHオークション特設スタジオでのオークション風景
オークション全体での最高落札額となったのは、元F1ドライバー片山右京のティレル時代のヘルメットとレーシングスーツで、356万円で落札となった
オークション全体での最高落札額となったのは、元F1ドライバー片山右京のティレル時代のヘルメットとレーシングスーツで、356万円で落札となった
コンダクターを務めたピエール北川氏のハンマープライスにより356万円で落札が成立した際の模様
コンダクターを務めたピエール北川氏のハンマープライスにより356万円で落札が成立した際の模様