ルノー、ジュニアドライバーのために4日間のF1テストを開催。バーレーンで3人が走行

 ルノーF1チームは、ドライバー育成プログラムであるルノー・スポール・アカデミーのメンバーのうち3人に、10月末から11月初めにかけてF1テストの機会を与えることを発表した。バーレーンで4日間のテストが開催され、2018年型ルノーR.S.18を、FIA-F2ドライバーのクリスチャン・ルンガーと周冠宇、FIA-F3新王者のオスカー・ピアストリが走らせる。

 初日10月29日にはルンガーが3度目のF1テストに臨む。2日目30日にはピアストリがF1カー走行を初めて経験。後半2日間の11月1日と2日には周冠宇が走行を行う予定になっている。

ルノー・スポール・アカデミーのメンバー、クリスチャン・ルンガー
ルノー・スポール・アカデミーのメンバー、クリスチャン・ルンガー

ルノー・スポール・アカデミーのメンバー、周冠宇
ルノー・スポール・アカデミーのメンバー、周冠宇

「バーレーンでのテストは、アカデミーが過去3年間毎年実施してきたプログラム計画の一環だ」とルノー・スポール・アカデミーのディレクターを務めるミア・シャリズマンは説明した。

「我々にとって、アカデミーに所属するドライバーの進歩と達成レベルを見せることができる良い機会である」

「クリスチャンと周は、R.S.18に搭乗するのは2回目となる。一方オスカーはF1マシンに乗るのは初めての体験だ。これはFIA-F3選手権でタイトルを獲得し、アカデミーにおいて進歩し続けていることへの褒賞である」

「一般的に、テストデーのプランは、経験によって異なるものになる。オスカーの担当日は、彼にマシンに慣れてもらうことが目的になるだろう。周とクリスチャンの担当日は実際のレースウイークのように構成される。フリー走行、予選、そしてレースシミュレーションだ」

「バーレーンは我々にとって非常に好都合なテスト会場であり、周とクリスチャンにとって有益だ。彼らは11月後半にFIA-F2選手権の最後の2ラウンドをここで戦うからだ」

 オーストラリア出身のピアストリは3人のなかで最も若い。彼は初めてF1マシンを試すチャンスに明らかに興奮している。

「来週バーレーンでR.S.18をドライブすることにすごく興奮している」とピアストリは語った。

「僕にとってF1マシンでの初めてのテストだ。だから間違いなく、長い間胸にしまって記憶しておく瞬間になるだろう」

「F1マシンをドライブするチャンスは毎日あるわけではないから、この機会を与えてくれたチームにとても感謝している」

「その日には学ぶべきことが山ほどあるだろう。マシンのパワーやダウンフォース、ブレーキングなどに慣れていきたい。すべてのことが挑戦となるだろうが、僕は新しい挑戦に取り組むことが好きだ」

「今年初めのFIA-F3のプレシーズンテストで、バーレーンのサーキットを走行した。でもF1マシンでコースを周回したことはまったくないので、コースに出るのが待ちきれないよ」