謎の充電ポートを発見! 新型ポルシェ911 GT3 RS、パワートレインはどうなる !?

■最高出力520ps、4.0リットル水平対向6気筒エンジンが有力

ポルシェ 911GT3 RS_007
ポルシェ 911GT3 RS 新型プロトタイプ

ポルシェ911 GT3最強モデル「911 GT3 RS」次期型プロトタイプがニュルで高速テストを開始、その様子をカメラが捉えました。

「公道のレーシングカー」の異名を持つGT3 RSは、新型でどのような進化を見せるのでしょうか?

捉えたプロトタイプは、専用のグリル、大型のエアインテークを備えるボンネットフードを装備。さらにフロントフェンダーには空力ルーバー、巨大なタイヤセットも確認できます。

リアデッキリッドには、そびえ立つ巨大デュアル・スワンウィングを装着、強力なダウンフォースを生みます。

奇妙なのは、右フェンダーの燃料キャップのすぐ下にある、「タイカン」を彷彿させる充電ポイントがあるような偽装です。ただし、ハイブリッドになれば重量が増えるため、GT3 RSのようなサーキット志向のモデルには可能性が低いと思われます。

ポルシェ 911GT3 RS_010
ポルシェ 911GT3 RS 新型プロトタイプ

予想されるパワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載。

最高出力は現行型の520psを大きく上回る550ps以上、あるいは580psとも噂されていますが、最新情報では4.2リットルの排気量も噂されています。トランスミッションは、現行モデルと同様にPDKデュアルクラッチとなるはずです。

(APOLLO)