スーパーフォーミュラ・ライツは前半戦を終える。宮田と阪口の一騎討ちの様相に

 長き伝統を誇った全日本F3選手権から、2020年に新たにシリーズ名称が変更された全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権。10月17日〜18日にスポーツランドSUGOで行われた第3ラウンドでシリーズは折り返しを迎えたが、第8戦までを終えて宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)が85ポイントでリード。阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)が63ポイントでランキング2位と、一騎討ちの様相を呈している。

 今季からダラーラ320を使用するスーパーフォーミュラ・ライツは、第1ラウンドとなる8月29〜30日のツインリンクもてぎでのレースから、11〜12台が参戦。第1ラウンドでは今季タイトルが至上命題となっている宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)が3連勝を飾り、さらに2回のポールポジションと3回のファステストラップを獲得し、フルマークでこれ以上ないスタートを切った。

 続く9月26〜27日に岡山国際サーキットで開催された第2ラウンドでは、第4戦こそ宮田がポール・トゥ・ウインとファステストラップを獲得し12点を稼いだが、第5戦では2番手だった阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)が好スタートを決め、全日本F3時代から念願だった初優勝を飾った。

 そして10月17〜18日に行われた第3ラウンドのSUGOでは、ウエットとなった予選では阪口が2回のポールポジションを獲得。10月17日の第6戦では、グリッドが濡れていたことが影響したか2番手スタートの宮田が優勝を飾ったものの、第7戦では阪口が2勝目。ファステストラップも獲得し、初のフルマークを達成。第8戦は第6戦の結果でポールからスタートした宮田が完勝したものの、今季のタイトル争いはふたりのマッチレースとなっている。

 これまで8レースを終え、宮田が6勝、阪口が2勝となっているが、阪口は今季まだ表彰台を逃しておらず、1位10点、2位7点、3位5点というスーパーフォーミュラ・ライツのポイントシステム上、ふたりの差はそこまで大きく開いていない。第8戦を終え宮田は85ポイント、阪口は63ポイントと、22点の差となっている。

 シリーズは11月のオートポリス、12月の鈴鹿、富士という3ラウンドとなっているが、第1ラウンドのもてぎで思わぬ差をつけられた阪口だが、第2ラウンド以降復調と呼べる流れになりつつあり、宮田としても安穏としてはいられないはずだ。特にオートポリス、鈴鹿ともこれまでB-MAX RACING TEAMが比較的成績が良い。

 第8戦のレース後、宮田は記者会見で「次戦のオートポリスは個人的にはあまり得意ではないコースですが、ポイント差を維持する、あるいは広げるためにもとても大事な大会になるので、気を緩めずにチームとともに前進して、トップで終えたいです」と語っている。

 一方阪口は「例年SUGOは宮田選手やTEAM TOM’Sが強い印象があったので、ここで思ったより差を縮められたのは良かったです。逆にオートポリスは僕たちが得意にしているコースなので、絶対に3連勝できるように頑張ります」と意気込んだ。

 このSUGOラウンドでは、もともと雨は不得意ではなかったはずが、F3以降なぜかいまひとつの宮田のウエットでのスピード不足が今季も出てしまった。今後のラウンドで雨がらみのレースがないとは限らない。また、これまでの全日本F3時代はマカオGPの関係もあり、最終戦は遅くとも10月中旬だったが、今季は新型コロナウイルスの影響でカレンダー全体が後倒しになったこともあり、多くのチームにとっては未知の気温でのレースにもなる。

 これまでカートからFIA-F4等、激しく火花を散らしてきた宮田と阪口。どの世代にも“ライバル”と呼べる存在が多いが、宮田が逃げ切るか、阪口が追いつめるのか……。ふたりの争いがどう決着するのか、楽しみな後半戦と言えるだろう。

 一方で、“表彰台争い”も毎戦激しい争いとなっている。小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)が5回、そして名取鉄平(TODA FIGHTEX)が2回、第2ラウンドにスポット参戦した片山義章(B-MAX RACING with OIRC)が1回という顔ぶれとなっている。ランキングでは、これに河野駿佑(RS FINE K&N 320)が続く。

 当然レギュラー参戦する3人は、あわよくば宮田、阪口の間に入りたいところでもあり、今後後半戦でさらなるジャンプアップを果たす可能性もある。特に河野は開幕前のテストではカローラ中京 Kuo TEAM TOM’S勢に食い込むスピードをみせており、復調が待たれる。第2ラウンドまで参戦した神晴也(Albirex-RT)、また第3ラウンドで3連続入賞を果たした入山翔(Albirex-RT)も楽しみな存在だ。

 また後半戦で気になるのは、B-MAX RACING TEAMの51号車と52号車の存在だ。新型コロナウイルスの影響で外国人ドライバーが来日できず、毎戦ドライバーを入れ替えているが、シーズン後半に水際対策が緩和され、強力なドライバーが参戦した場合はタイトル争いや表彰台争いに影響がある可能性もある。

 マスタークラスは、今季DRAGON(TEAM DRAGON SFL)が圧倒的な成績を誇っている。植田正幸(Rnsports320)、吉田基良(B-MAX ENGINEERING)との争いとなっているが、シーズン後半戦もDRAGONの強さが際立つ可能性が高いだろう。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦SUGO スタート
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦SUGO スタート
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦を制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4戦を制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
第6戦/第7戦ともにポールポジションを獲得した阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
第6戦/第7戦ともにポールポジションを獲得した阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦 表彰台
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦 表彰台
スーパーフォーミュラ・ライツ第7戦SUGO 表彰台
スーパーフォーミュラ・ライツ第7戦SUGO 表彰台
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)と名取鉄平(TODA FIGHTEX)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)の争い
小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)と名取鉄平(TODA FIGHTEX)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)の争い