コンチネンタルタイヤ、自動運転電動タクシー用タイヤコンセプトでアワードを獲得

自動車メーカーの要求を先読みしたアプローチを評価

欧州ゴムジャーナル(ERJ)が選定する「オートメーションへのジャーニー」賞は、コンチネンタルタイヤを6つのカテゴリーにおける総合優勝、そして名誉ある「タイヤ技術賞」に選出した。

今回、英国を拠点とするタイヤ業界誌のERJは、未来の電動モビリティ・コンセプトであるコンチネンタルのタイヤコンセプト「Conti C.A.R.E.(コンチ・ケア)」を高く評価。授賞式は9月中旬にバーチャルセレモニーとして行われている。

C.A.R.E.」は、「Connected:接続」「Autonomous:自律」「Reliable:信頼」「 Electrified:電化」の略。2019年のフランクフルト・モーターショーで未来のモビリティのための技術として発表され、 東京モーターショーでも展示された。

コンチ・ケアはクラウドへの接続により、特にフリートオペレーターにとって効率的なモビリティ管理の手段を提供するホイール・タイヤコンセプト。自動運転電動タクシーなどでの使用を想定しており、将来的にサスティナブル・モビリティ(持続可能な移動社会)を実現する上で、重要な役割を果たすことになる。

ERJの審査員は、コンチネンタルがイノベーション、IT、そしてひらめきのあるエンジニアリングをうまく融合させた点を高く評価。また、このプロジェクトが「自動車業界全体に大きな影響を与える技術水準であり、自動車メーカーの要求を先読みした積極的なアプローチを採用していること」も高く評価された

ERJが選定するタイヤ技術賞を獲得した「Conti C.A.R.E.」

 

クラウドに接続されたセンサーをタイヤ内に搭載

コンチ・ケアはクラウドに接続されたセンサーを備え、タイヤの構造に組み込まれる。これらのセンサーはタイヤトレッドの深さ、損傷の可能性、タイヤ温度、空気圧に関するデータを生成。それらのデータを使用中も継続的に評価し続ける。

ContiSense(コンチ・センス)と名付けられたこの制御システムは、クラウドにリアルタイムでデータを送信。このデータを使うことで、管理システム「ContiConnect Live (コンチ・コネクト・ライブ)」がモビリティの管理を効率的に行う。同時に、コンチネンタルの「SilentWheel(サイレント・ホイール)」コンセプトにより、ホイールリムが走行中に発生する振動を低減するため、パッセンジャーは快適な乗り心地を楽しむことができるという。

今回、ERJはホイールに組み込まれた遠心ポンプによって、タイヤの空気圧を能動的に調整するというアイデアも高く評価した。車両が加速すると、ホイール内の遠心力がポンプに作用して圧縮空気を生成。この耐圧技術により、タイヤの空気圧を常に理想的な範囲内に保ち、CO2排出量を持続的に削減することができる。

余った圧縮空気は一体型タンクに貯蔵されるが、増圧技術によりこの圧縮空気は様々な運転状況に応じてタイヤ空気圧を即時に調整するためにも使用できる。例えば、自動運転電気タクシーはタイヤの空気圧を上げることでより重い荷物を運んだり、ピーク時以外は貨物運搬車として機能したりすることもできるようになる。