BMW・7シリーズ次世代型、EVとPHEVモデルをダブルスクープ!

■レトロな「E38」風シャークノーズを特徴、メルセデス・ベンツ「EQS」とは異なる路線に

BMW 7シリーズ_007
BMW 7シリーズ 次期型 PHEV 開発車両

BMWが開発を進める次世代「7シリーズ」に設定されるプラグインハイブリッド、およびフルエレクトリックモデル「i7」の市販型プロトタイプを同時にキャッチしました。

ライバルとなるメルセデス・ベンツ「Sクラス」では、往来のパワートレインモデルに対し、EV版「EQS」のボディスタイルを明確に差別化、EQSは5ドアハッチバックとして発売されることが濃厚です。

対してBMWでは、内燃機関モデルと電化モデルが同じスタイルで発売されることが有力です。

捉えた2台のプロトタイプはヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(仮のコンポーネント)を装着、ボディは完全にカモフラージュされていますが、フロントノーズは現行型より前面に出ており、1994年登場の「E38」を模したシャークノーズ・シルエットを彷彿させます。

BMW 7シリーズ_004
BMW 7シリーズ 次期型 PHEV 開発車両

EV版(向かって奥)の車両は、閉じられたキドニーグリルを装備、エキゾーストパイプは排除されているようです。

PHEV版(向かって手前)の車両は、フロントドアとリアバンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーを貼り、クワッドエキゾーストパイプが搭載されていることが見てとれます。さらに、両サイドのリアフェンダーに燃料キャップを装備、一つは燃焼エンジンに供給、もう一方はバッテリー充電口となるはずです。

ドアノブは往来のドアハンドルに偽装されています、実際のハンドルはその下に位置し、「i4」のものと似たものが装着される可能性が高いです。。

EV版となる「i7」の最高出力は、BMWの量産モデル史上最強となる650psを発揮、航続距離は最大400マイル(644km)に達する可能性があるといいます。

7シリーズ次世代型のワールドプレミアは、電化バージョンを含む全ての派生モデルが2022年内になると予想されます。

(APOLLO)