インディカー最終戦タイトルの行方。32ポイント差でも「ディクソンが有利」と言えない理由

 今季のインディカーシリーズは、シーズン終盤に入ったあたりで流れはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)へと傾いてきていた。だが、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が築いてきたポイント差は大きく、ニューガーデンもその流れにうまく乗り切ることができていない。

 10月第1週末のインディアナポリス(IMS)ロードコースでのダブルヘッダー戦前、ニューガーデンは「最後の3レースすべてを完璧に戦わなければならない」と言っていたのだが、実行できなかった。だからといって、タイトル争いはディクソンがかなり有利だとも言い切れない。

 インディ500の翌週、ゲートウェイでのレース1でディクソンは今季4勝目をマーク。ドライバーランキング2位のニューガーデンは12位で、ふたりのポイント差は117に広がった。レース2ではニューガーデンが勝ってみせたが、ディクソンは手堅く5位フィニッシュ。差は96ポイントと大きいままだった。

 残るはミドオハイオ、IMSロードのダブルヘッダー2イベントと、最終戦セントピーターズバーグ。まだ5レースもあり、逆転は充分に可能と見えていた。ただ、ディクソンは“キング・オブ・ミドオハイオ”の異名を持つ。一気に差を広げる可能性も考えられていた。

 後がないニューガーデンはレース1で2位。優勝はチームメイトのウィル・パワー。厄介な先輩に恵まれて……とも見えるが、アメリカにはチームオーダーという文化はないので、これはアリ。

 一方、「連勝するかも」と思われていたディクソンは、レース1、2とも10位と散々な週末に。チームとして今季開幕当初に持っていたシャシーセッティングのアドバンテージも、もはや消滅していると判明。ミドオハイオ終了時点でのディクソンとニューガーデンのポイント差は72に縮まっていた。

 それでも、IMSロード2連戦が迎えられたところで、ディクソンに「マジック1」が点灯。レース1でディクソンが勝ち、ニューガーデンが14位以下なら、ディクソンの6度目のタイトル獲得が決まる。彼は7月初旬(第2戦)にここで勝っており、アドバンテージがあると見られていた。

 だが、レース1の予選はグループ6番手。レッドタイヤでのアタックを始めようというところで、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がコースアウトし、これでセッション終了となってしまった。対するニューガーデンは同じグループでトップタイム。展開はニューガーデンに向いてきていた。そして、レース1でニューガーデンが今季3勝目。ディクソンは9位で、差は40ポイントに縮まった。

 レース2予選、ディクソンはグループ8番手。レース1の予選が赤旗で終了したのは、実はラッキーだったかも……とさえ考えられる状況だった。セッションが続いていれば、もっと下に沈んでいた可能性が高い。いずれにしても、彼らは苦戦していることは明らかだった。ディクソンが優勝、ニューガーデンが3位以下なら、タイトル決着という条件下、ディクソン8位、ニューガーデン4位という結果となった。

 こうしてチャンピオン争いは最終戦までもつれ込むことになった。ディクソンはセントピーターズバーグでニューガーデンに大差をつけられない限り、タイトルを獲得できる状況で、依然有利ではある。ポールポジションや最多ラップリードのポイントを除いた場合、ニューガーデンが優勝しても、ディクソンはラップリードなしでも11位フィニッシュなら、シリーズチャンピオン。

 同じ条件の場合、予選でディクソンがポールポジションを獲得(1ポイント)すれば、ディクソンは決勝12位フィニッシュでもチャンピオンだ。今季の彼は最近のレースで自身のミスによるポジションダウンが目立っているようにも見えるが、これまでの13戦で12回のトップ10フィニッシュを記録していることを忘れてはならない。

 ニューガーデンは、大量ポイント獲得のためには最終戦優勝が最低条件だろう。その目はあるのかと聞かれれば、「ある」と答えなければならない。昨年の開幕戦、つまり直近のセントピーターズバーグでのレースで勝っているのがニューガーデンなのだ。

 逆にディクソンは、意外にもセントピーターズバーグで勝ったことがない。最終戦は今年初めてのストリートレース。「32」というポイント差ほど「ディクソンが有利」とも言えないのが実際のところで、セントピーターズバーグでは予選からふたりの熾烈な“マウント取り”を見ることができるかもしれない。

ディクソンは現在、ランキングトップにつけ、タイトルに王手をかけているが最終戦まで油断はできない。
ディクソンは現在、ランキングトップにつけ、タイトルに王手をかけているが最終戦まで油断はできない。
第13戦ハーベストGPレース1で勝利したジョセフ・ニューガーデン。
第13戦ハーベストGPレース1で勝利したジョセフ・ニューガーデン。