【粟野如月コラム】炎上から約1ヶ月!D1 Lights Rd.4備北大会に180SXで参戦【KISA’s DRIFT LIFE vol.49】

前回の炎上事件から見事復活したものの・・・

キサエイティまたしてもトラブル続出!?

前回のコラム(vol.48)でお伝えした180SX、通称キサエイティ。つい先日(10月18日)、備北ハイランドサーキットで開催されたD1 Lights Rd.4で大会デビューとなりました。

人生初の炎上から約1ヶ月。その後、大会1週間前の10月11日に2度目のシェイクダウンとなったのですが、コースインから3周でオイル漏れ。再びトラブルに見舞われてしまいました。

大会は日曜日。普段なら大体、金曜日から現地入りするのですが、今回はとにかく時間ないので逆に木曜日から現地入りして、何か起きたら現場で対応する判断をしました。

積み込む直前まで、本当にこのまま180SXを連れて行って良いものなのか、今回の新車デビューは見送ってクレスタにするべきなのか、正直すごく悩みました。それくらい全てがギリギリで、不安でいっぱいだったんです。

備北でもやはりマイナートラブルに見舞われ、それをひとつずつ解決していき、いよいよこれでもう大丈夫!となったのが木曜日の昼過ぎ。不安な気持ちがやっと少し落ち着いた瞬間でした。

でも、いざクルマがちゃんと動くようになると、使用に対する欲が出てきます。トラブル続きで全然走り込めなかった上に、ジムカーナ場でしか走ったことがなかったのでコース走行は今回が初。金曜日はセッティングに費やしましたが、現場でできることは限られています。とにかく少しでも乗り慣れることが課題の1日でした。

そして土曜日、公式練習日です。この日のブリーフィングで1コーナーのレイアウト変更が発表されました。備北マイスターのリズムさえも崩させるレベルの大幅変更です。ここで全員がイコールコンディションになりましたが、この日は天候も悪く、ドライはほとんど走れませんでした。クルマだけでなく、コースさえもほぼぶっつけ本番状態。

本番日の日曜日は晴れ。この本番を迎えるにあたって本当にたくさんの方々に助けて頂きました。走っているのは私ひとりじゃないんだと改めて思った1日でした。

結果は1本目の94点が今の私がキサエイティで出せるベストでした。全然点数が届かなかったので、2本目は練習ではしたこともない進入にかけてみましたが、まとめられませんでした。追走トーナメント進出は出来ませんでしたが、やれることはやったと思える結果だったので良かったと思っています。

今回、この本番を走り切れたのはスポンサーやサポーターの皆さんのお力はもちろん、TCLS鈴木さん、星光自動車北芝さん、K.factory濱川さん、AutoGalleria大野さん、本当にお世話になりました。ありがとうございます。

次戦のエビス大会はクレスタ、そして最終戦の名阪大会はキサエイティで参戦予定です。早く乗りこなせるように走り込みますよー!備北大会、応援ありがとうございました!!