最高出力700psを発揮! フラッグシップPHEV「ポルシェ パナメーラターボS E-ハイブリッド」の日本導入開始

Porsche Panamera Turbo S E-Hybrid Executive

ポルシェ パナメーラターボS E-ハイブリッド エクスクルーシブ

V8ツインターボに100kWのモーターをセット

ポルシェジャパンは、最高出力514kW(700ps)・最大トルク870Nmを誇るフラッグシップモデルの新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」と、「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を日本全国のポルシェ正規販売店で開始した。

完全に刷新されたラインナップの中で最もパワフルなパナメーラターボS E-ハイブリッドは、420kW(571ps)の4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンに、100kW(136ps)の電気モーターを組み合わせた。179kWhの新型バッテリーと最適化されたドライビングモードによって、電気駆動のみによる航続距離がWLTPによる計測で最大30%も延長されている。

一方、新型パナメーラ4 E-ハイブリッドは、先代と同じ243kW(330ps)の2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンに電動システムが組み合わせられ、340kW(462ps)の最高システム出力を発揮する。

ポルシェ パナメーラ ターボS E-ハイブリッドのエクステリア

モーターのみで最大50kmの航続距離を実現

ポルシェは、既に発表されている412kW(560ps)のシステム出力を備えるパナメーラ4S E-ハイブリッドとあわせて、パナメーラに3つのプラグインハイブリッドモデルをラインナップすることになる。

ドライブトレインの中心となる100kW(136ps)の出力と400Nmのトルクを発生するエレクトリックシステムは、8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)に統合。各エンジンとの組み合わせにより、卓越した走行性能をもたらす。

パナメーラターボS E-ハイブリッドは、標準装備のスポーツクロノパッケージを使用すると、0-100km/h加速タイムは先代を0.2秒上回る3.2秒をマーク。最高速度は先代を5km/h上回る315km/hに達する。パナメーラ4 E-ハイブリッドは静止状態からわずか4.4秒(前モデルより0.2秒短縮)で100km/hまで加速し、最高速度は280km/h(同2km/hアップ)に達する。

高電圧バッテリーの総容量は、最適化されたセルの使用によって14.1kWhから17.9kWhに増加。ドライビングモードは、より効率的なエネルギー利用に適合された。パナメーラターボS E-ハイブリッドは、WLTPモードで最大50km(NEDC:最大59km)の電気駆動のみによる航続距離を実現。パナメーラ4 E-ハイブリッドは、最大56km(NEDC:最大64km)の距離をバッテリーのみで走行することができる。

ポルシェのプラグインハイブリッドモデルは、標準の家庭用コンセントまたは電源ソケットを介して自宅で充電が可能。さらに標準装備のポルシェモバイルチャージャーを使用することで、モデルに応じて7.2kWの充電容量を得ることができる。

ポルシェ パナメーラターボS E-ハイブリッドのエクステリア

他のモデルから差別化されたエクステリアデザイン

パナメーラターボS E-ハイブリッドは、フロントセクションのデザインを新設計。デュアルC形ターボフロントライトモジュールと、大型サイドエアインテークなどにより、他のモデルとはっきり差別化される。また、改良されたリヤライトバーは、ラゲッジコンパートメントリッドの上をシームレスにつないでいる。

オプションとして「ダイナミック “カミング/リービングホーム” アニメーション」を備えた「エクスクルーシブデザイン・ティンテッドテールライトモジュール」、3種類の新しい20/21インチホイール、2色の新しいエクステリアカラー(チェリーメタリックとトリュフブラウンメタリック)が用意されている

ポルシェ パナメーラ ターボS E-ハイブリッドのインテリア

安全装備やドライブアシストを標準で装備

高いディスプレイ解像度を備えた「ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)」には、改良されたオンラインボイスコントロールを採用したボイスパイロットだけでなく、Apple CarPlay、ポルシェコネクトなど、その他多くのデジタル機能とサービスが含まれている。

新型パナメーラでは、シャシー及びコントロールシステムがスポーツ性と快適性に合わせて調整。モデルによっては完全に新しいコントロールプログラムが与えられ、新世代のステアリングコントロールシステムと新しいタイヤによって、横方向のダイナミクスと精度が向上している。

パナメーラターボS E-ハイブリッドには「ポルシェ・トルクベクトリングプラス(PTV Plus)」を含む「ポルシェ・ダイナミックシャシーコントロールスポーツ(PDCC Sport)電子制御ロール安定化システム」、パワーステアリングプラスを含む「リヤアクスルステアリング」、「ポルシェ・セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」システムなど、現在利用可能な全てのシャシー及びコントロールシステムが標準装備される。

さらに日本仕様ではレーンキーピングアシスト、コンフォートアクセス、アダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビューを含むパークアシストなど、他の市場ではオプションとなる装備を標準で搭載している。

【車両本体価格(税込)】

パナメーラ4 E-ハイブリッド:1528万円
パナメーラ4 E-ハイブリッドスポーツツーリスモ:1575万円

パナメーラターボS E-ハイブリッド:2973万円

 
【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911