2000GT、トヨタ7など展示。トヨタ博物館、モータースポーツ挑戦の系譜を紹介する企画展を開催

 トヨタの文化施設であるトヨタ博物館は11月3日~2021年4月11日まで、文化館2階の企画展示室において企画展『トヨタ モータースポーツ列伝 弛まぬ挑戦者たち』を開催すると発表した。

 この企画展は、トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎がレース参戦の意義を唱えたことにはじまる、モノづくりとともに現在も続くトヨタのモータースポーツへ取り組みを当時の車両とともに紹介するもの。

 会場ではトヨタが参加してきたさまざまレースと、そこへ投入されたトヨペット・クラウンRSD(第5回オーストラリア1周ラリー参戦車・レプリカ)をはじめ、名車2000GTのトライアルカー、スポーツカーレースを沸かせたトヨタ7、トヨタGT-Oneなど実際のモータースポーツ競技車両が置かれ、これら展示をとおしてトヨタのモータースポーツとモノづくりとの関係性を知ることができるようになっている。

 豊田喜一郎が提唱した「競争という厳しい環境が人を鍛え、クルマを鍛える」という想いと、その言葉を受け継いだ技術者たちの挑戦の系譜を感じてみては。企画展の詳細やアクセス方法などはトヨタ博物館の公式ホームページ(https://toyota-automobile-museum.jp/)まで。

■企画展『トヨタ モータースポーツ列伝 弛まぬ挑戦者たち』

会期:2020年11月3日(火・祝)~2021年4月11日(日)
場所:トヨタ博物館 文化館2階 企画展示室
展示車両(年代順):
1957 トヨペット・クラウン RSD
 第5回豪州一周ラリー(Mobilgas Rally)参戦車(レプリカ)
1966 トヨタ2000GT
 超高速耐久トライアル挑戦車 (レプリカ)
1969 トヨタ7
 ワールドチャレンジカップ富士200マイルレース大会 (日本Can Am)優勝車
1970 トヨタ7
 全日本富士1000kmレース エキシビジョン走行車
1970 トヨタ7 ターボ
 全日本富士1000kmレース エキシビジョン走行車
1988 トヨタ・セリカ ターボ
 IMSA GTOクラス参戦車
1989 トヨタ89C-V
 インターチャレンヂ FUJI 1000km優勝車
1998 トヨタGT-One(TS020)
 ル・マン24時間 決勝仕様テストカー
2009 トヨタTF109
 フォーミュラ1(F1)参戦車
ホームページ:https://toyota-automobile-museum.jp/