見よ、これが「トヨタGRヤリスGRMN」市販型だ! ニュルブルクリンクで300馬力の実力開放

■ボディをローダウン、フロントバンパーにウィングレットなど攻撃的なスタイルに

トヨタは高性能コンパクトハッチバック「GRヤリス」を発売したばかりですが、頂点を極めるハードコアモデル「GRMNヤリス」市販型の設定が確定、その市販型プロトタイプをカメラがはじめて捉えました。

トヨタ GRヤリスGRMN_011
トヨタ GRヤリスGRMN 開発車両

ニュル・ノルトシュライフェで捉えたプロトタイプは、ボディをローダウン。カーボンらしきルーフをはじめ、フロントバンパー両サイドにウィングレット、フェンダーに巨大エアアウトレット、大型リアスポイラーなど過激なエクステリアが見てとれます。

サイドビューでは前後に異なるホイールを確認、リアにはABTアロイホイールが装着されているようです。さらにリアエンドでは、センサーらしきものを装備、おそらく車両のねじれ剛性を測定する機器と思われます。

トヨタ GRヤリスGRMN_015
トヨタ GRヤリスGRMN 開発車両

ベースとなるGRヤリスは、1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力272psを発揮します。一方ハードコアGRMNバージョンでは同エンジンをブーストアップ、最高出力は300ps程度が予想され、6速MTと組み合わされると予想されます。

市販型の駆動方式は四輪駆動となり、発売は2021年以降が有力です。

(APOLLO)